仕事ができない、辛い、辞めたい人へ!5つの改善法で悩みを解消!

仕事ができない悩み

ずっと同じ職場だけど仕事ができない、転職して新しい仕事に慣れない悩みは誰しもが抱えています

 

仕事が辛くてもう我慢ができない、会社をもう辞めたいと思っている人に伝えたいことがあります。その悩みは意外にも簡単に改善されるかもしれないんです!

 

これから紹介する仕事ができない悩みベスト5の改善方法を試してから、転職を考えてみてはいかがでしょうか?

 

実際に筆者や知人の転職経験をもとにして、前の会社で「やっておけばよかった」と後悔した仕事の悩みの解消法をまとめてみました。

 

この記事を読めば、きっと心が軽くなり、明日から悩みなく仕事に取り組める内容になっています!

 

仕事ができない悩みを抱え過ぎないで!

仕事ができない悩み

そもそも仕事ができない原因はあなたではなく、会社のある場合だってあるんです!

 

あなたの性格や能力に合わない仕事を任せられているのなら、それは上司や会社側に責任があります。なぜなら、もっと能力を発揮できるように、教育やマネジメントに力を入れてもいいはずだからです。

 

むしろ教育やマネジメントに注力した方が会社の成長に役立ちます。だから、自分を責めるのを辞めて一度だけでも他人の所為にして、ストレスフリーの生活を送ってみませんか?

 

……実は仕事ができない悩みを誰でも簡単に解消できる改善法があるんです。その方法を知るだけで、ストレスがなくなり、明日からの会社へすっきりと出社できるようになります。

 

仕事ができない人の悩みベスト5

仕事ができない悩みを確実に解消していくために、重大な悩みベスト5にまとめました。どれか1つに必ず当てはまると思います。

 

仕事ができない人の悩みベスト5
1.能力以上の仕事を任されている
2.人間関係の悪化
3.劣悪な労働環境
4.まわりに相談できる人がいない
5.小さなミスが多い

 

それでは、この5つの悩みを改善する方法を1つ1つわかりやすく解説していきます。

 

悩み1:能力以上の仕事を任されている

会社から自分の能力以上の結果や仕事を求められても、そのノルマを達成するのは至難の業ですよね。無理をしたとしても、その仕事に必要なスキルが自分になかったらどうしようもありません。

 

それなら「勉強しろ!」と上司から言われるかもしれませんが、仕事で忙しい上に、業務時間外でも勉強している時間なんて無いに等しいです。

 

◆改善策:会社が悪いと責任転嫁する

何でも他人に責任を押し付けてはいけないですが、この場合、そもそも自分にできない仕事なのですから、会社や上司に責任転嫁しましょう。そうしないと、自分を責め続けて鬱になるかもしれません。

 

おそらく仕事を変えて欲しいと上司に頼んでも却下されるのがオチなので、無駄なストレスを抱えないために、気持ちを切り替えましょう!

 

悩み2:人間関係の悪化

人間関係は、転職の理由ナンバー1に輝くほどシビアな問題です。社内での人間関係は会社が変わるか、部署が変わらないとリセットされません。

 

しかも社内の人間関係は一度でも悪くなってしまうと、仕事に影響が出るような取り返しが付かない危険性を孕んでいます。困ったことに、拗れた人間関係の改善は不可能に近いです。

 

さらに、まわりから仕事ができないと思われている人は、この人間関係を上手に構築できません。本当は仕事ができない人でも、コミュニケーション能力が高いだけで仕事ができる人と認識されています。

 

◆改善策:職場を変える可能性を視野に入れる

人間関係が改善される見込みがないのであれば、早々に部署を変えるように会社に申し出ましょう。もしくは次の会社に入るために、スキルアップに時間を費やすべきです。

 

会社は一日の大半を過ごす環境なのですから、もっと仕事がしやすい場所で能力を発揮した方が自分の成長に繋がります。

 

悩み3:劣悪な労働環境

会社に入ってみたら、残業三昧で終電まで終わらない、サービス残業がある、理解ができない制度があるなど、劣悪な労働環境の例を挙げると切りがありません。

 

このような会社には何を期待しても無駄です。労働者を搾取して会社の利益にすることしか考えていません。だから、「仕事が辛い、辞めたい」と思うことは当然です。誰でも同じことを考えますし、ずっと勤めていてもメリットが何もないですよね。

 

こんな劣悪な労働環境から抜け出すことは、逃げでも恥もないので、気にしてはいけません。

 

◆改善策:1秒でも早く転職する

職場の環境で悩んでいないで一刻も早く転職することをおススメします。給料がきちんと支払われる安心感から働き続けていると、無駄に年齢を重ねてしまい、転職できない状態に陥ります。

 

なぜなら、会社は従業員のことを考えてスキルアップをさせる気がないので、ずるずると居座っていると、スキルがないまま年齢を重ねていきます。

 

もし何もスキルがないまま30代になったら、転職できる希望がほぼなくなります。

 

悩み4:まわりに相談できる人がいない

会社で自主性が重んじられ、何でも独力で解決するように求められています。それでも問題を何とか解決するために、誰かに相談して解決方法を探します。

 

ただ仕事ができない人は気軽に相談できる相手がいません。相談相手がいないということは、仕事の悩みを自力で解決する必要があります。

 

◆改善策:相談できる仲間を作る

仕事の悩みを相談する相手は、社内だけではなく、社内で探していきましょう。社内で自分と同じ悩みを持っている人がいるとは限りませんよね。

 

社外であれば、愚痴ったとしても上司を批判しても、リスクがないですよね。同じ悩みを抱えている人が仲間にいてくれたら心強いですし、一緒になって少しでも悩みを改善するために励まし合えます。仕事のモチベーションも上がるでしょう。

 

悩み5:小さなミスが多い

仕事ができない人の大きな特徴の1つに、「小さなミスが多いこと」が挙げられます。仕事に対して責任感や緊張感がない訳ではないですが、どうしても細かいことが苦手な人がいます。

 

大きな失敗ではないですが、小さなミスが続くと社内で仕事ができない人の烙印を押されてしまいます。いくらミスしないように、誤字脱字をゼロにしようとしても必ず見落としがありますよね。

 

これは性格だから仕方がないと言い訳をしていないで、少しでも早く対処法を編み出しましょう。こればかりは転職したとしても仕事ができない人認定される要素の1つなので、この習慣を改善しないと仕事で損をするばかりです。

 

◆改善策:ミスを減らす習慣を身に付ける

小さなミスをゼロにするためには、小さなミスに気が付く習慣を身に付けることは一番手取早いです。ミスをなくす習慣を作るために、チェックリストを作っていきましょう。

 

ミスを起こしやすい項目の一覧を作り、すべての仕事で項目にチェックを付けながら進めていきます。

 

きちんと全部の項目をチェックしていけば、ミスがなくなります。このチェックリストを利用する習慣を身に付けさえすれば、いずれミスはなくなるでしょう。そして、ミスがなくなれば、仕事ができる人として認識されていきはずです!

 

今の職場で仕事ができなくても、別の会社がある

こちらの時期で紹介した仕事ができない悩み以外にも、たくさんの悩みを抱えていると思います。同じ会社に勤めていると、馬鹿にされ、劣等感を感じて仕事をしなければなりません。

 

ずっとストレスを抱えて仕事をするぐらいなら、転職を検討してみてはいかがですか?

 

ただし転職は回数を重ねるごとに評価が下がり、忍耐力がない人だと思われます。特別なスキルを持っている人なら話は違いますが、転職はリスクが高いために慎重に行っていくべきです!

 

とはいえ、今の会社に勤めている方がもっとリスクが高いはずです。今後のキャリアパスや給料の上昇だって期待できないのではないですか。それなら、キャリアを積んでスキルアップができる会社を入って、将来の自分に投資をしていきましょう!