投資の覇者ウォーレンバフェットの気狂いなストイックさとは

ストイックな特徴

最強の投資家ウォーレン・バフェット。総資産は、8兆5000億円を超える猛者です。

世界の億万長者ランキングで、トップ3に入る雲の上の人。

 

ウォーレン・バフェットは、投資にかけてはストイックです。そのストイックさは、私たち一般人のレベルと比ではありません。気狂いレベルのストイックさの特徴を挙げてみます!

 

  • 1日の80%を読書に費やす
  • 毎日の朝食はマクドナルドで食べる350円
  • 散髪のお金さえ惜しみ、投資に使う

 

資産が〇兆を超えるのに、この節約に脱帽するストイックさですね!!

この気狂いレベルの投資愛が成功をもたらしたのでしょう!

 

これから、ウォーレン・バフェットが何者なのか、わかりやすく解説していきます!

 

 

ウォーレン・バフェットは6歳からビジネス

ストイック
2018年で88歳の最強の投資家のスタートは、6歳の缶コーラ売買差額を得るビジネスからです。それから11歳になって、やっと投資家人生が始まります。それから、一度も他のキャリアへ進まないで、88歳まで投資家一本でビジネスしています。

 

私が知る限りでは、投資家キャリアは誰にも負けていません。

 

ビジネスで大成功を収める人の多くは、誰よりも早くキャリアをスタートしています。マイクロソフト創業者のビルゲイツ、アップルのスティーブ・ジョブズも大学中退して、一気にIT長者となりました。

 

パナソニック創業者であり、経営の神様である松下幸之助も9歳からビジネスを始めている。

 

CEOを務める企業の買収は失敗だった

11歳から始めた投資は、順調に資産を増やしていきました。ただ大きな失敗もあります。ウォーレン・バフェットがCEOを務めるバークシャー・ハザウェイを買収は失敗だと、本人は話す。

 

当時1965年バークシャー・ハザウェイは、倒産寸前の繊維会社だった。ゴミの企業価値だったが、これから這い上がって成長する、と推測した。だが、現実はあまりにも悲惨だった。このままでは確実に倒産する状態だったのだ!!

 

何としても倒産を避けるために、ウォーレン・バフェットは経営に乗り出しました。リストラや無駄な物の売却を行い、苦労して会社を立て直しました。

 

その後、バークシャー・ハザウェイは投資業に仕事を切り替え、現在に至ります。

 

気狂いレベルのストイックさで、全てを投資に捧げる

ストイック
狂気ともいえるストイックさは、参考になる部分が多いです。1日の80%を読書に費やすのも、徹底して投資に役立てるためだ。ウォーレン・バフェットは、投資に全てを捧げるストイックさを持っている。

 

成功したければ、全てを捧げるストイックさが必要不可欠

あなたは、給料を増やすため、ビジネスで成功するために、全てを捧げられますか??

 

答えは「No」。それが普通です。

 

ただ成功者のストイックさは参考となります。ウォーレン・バフェットのように圧倒的かつ絶対的な地位を手に入れるには、どのようなストイックさが必要になるのか、簡単に説明していきます。3つのストイックな特徴がありますので、参考にしてください。

 

1.目標達成にお金を1つに集中させる

大富豪なのに、朝食は350円程度で、散髪さえもケチります。投資家なので、100円でも数十年後には、10倍、100倍になるチャンスがあります。そのチャンスを逃しません。

 

私たちも必要なスキルを得るために、セミナーの資金として節約。全てのお金をスキルアップに捧げましょう。

 

2.スキルを1つに絞る

世界もしくは日本でナンバーワンになりたいのなら、1つのスキルに絞って極めましょう。他のスキルを手に入れている暇は、ありません。ストイックに気狂いレベルで、1つのスキルを突き詰めます。

 

そうしないと、どんどんのまわりに追い抜かれてしまいます。

 

3.長期間のスパンで勉強も仕事もしよう

スキルを極めるには、約1000時間は必要とされています。5年、10年単位で費やさないと、どのスキルも中途半端で終わってしまいます。

 

もし1年ごとに勉強するスキルが異なっていたら、どのスキルも中途半端になっているでしょう。小さな成功はできても、大成功はできません。

 

まとめ

気狂いじみたストイックさを持っているから、ウォーレン・バフェットは世界トップの投資家となれました。少しでも成功ではなく、大成功のためのヒントが見つかれば幸いです。