【ストイックな生活習慣とは?】自分を変える7つのステップ!

自分の性格を変えるために、生活習慣を改善しようと取り組んでいる人へ朗報です。そんな悩みを抱えるみなさんへ、段階を踏んでいけば、実は自分を変える簡単な方法があります!

 

多くの人は自分を変えようとストイックに自分を追い込んだ生活を送って、失敗した経験があると思います。それは正しいステップを踏んでいないために起きた不幸と言えるでしょう!

 

例えば、高額な費用を払ってライザップに通っても、一時的に体重は激減します。ただし減量ができても、生活習慣が改善されていなければ、リバウンド必須です。しかし、これから紹介する「理想の自分に変える7つのステップ」は、死ぬまで習慣化できるノウハウになっています。

 

しかも紹介するストイックな生活習慣を手に入れる方法は始めていくと楽しくなり、気が付くと、まるで別人になっているんです! なぜなら、楽しく継続できる方法だからです。

 

さあ、みなさんも一緒にストイック生活習慣を手に入れて、自分を変えてみませんか?

 

そもそもストイックとは何か?
その意味を徹底解説はこちら!

人生を成功に導く秘訣、それがストイックな生活習慣

ストイック ストイックな生活をしている人は、元から禁欲的ではありません。まわりの人と同じように日々を過ごしていました。何も変わらない日々、高い目標を持っているのに達成できない自分に嫌気がさします。現状への不満が貯まり、我慢の限界に達します。

 

ここで、人は2つのパターンに分かれます。現状に不満であってもストレス発散して日々をやり過ごしていく人と、現状を打破するために努力を始める人です。

 

後者は、高い目標を達成するためにストイックな生活を始めます。もしくは、ストイックな生活を送らざる負えなかったと言えるでしょう。我慢の限界なのですから、日々をぐーたらには過ごせません。

 

そして、ストイックになった人は目標を達成するまで努力を続けるので、確実に目標が達成されていきます。この目標達成によって不満が解消されるのですから、当人にとって、ストイックになることは大きなメリットです。

 

禁欲的な習慣を身につけよう

ストイックストイックな生活を身につけるには、少しずつ身体を禁欲的な習慣にならす必要があります。甘い物を食べるのが大好きな人が甘い物を絶食するのは難しいです。1週間単位でストレスにならない程度で抑える目標を立てましょう。

 

小さな目標の達成は思ったよりも嬉しいです。この小さな積み重ねが続くと、大きな目標に繋がっていきます。無理に禁欲的にはならず、まずは小さな必ず達成できる目標をコンプリートしていきましょう。

 

目標を達成するストイックな生活7ステップ

ストイックになるにはこれから、ストイックな人が実践する生活を7ステップに分けて紹介します。下記のいずれかが欠けると、あなたが達成したいと願う目標か遠のきます。1つずつステップを着実に上っていくと、目標が達成できるストイックな生活習慣が身につきます。

 

ステップ1:明確な目標を立てる

高い目標を達成するには、明確な目標を立てる必要があります。なぜその目標を達成しなければならないのか、なぜ自分がやらなければならなのか。これからの質問にわかりやすく返答できないようでは、明確な目標ではありません。

 

ただ達成するべき数値を設定するだけではなく、その理由を明確にします。ストイックな生活を始めた頃は我慢することが多く、頑張らなければならない理由がしっかりとしていないと「今日ぐらいは、まあいいか」となります。

 

この「明確な目標」が定まっていないと、ストイックな生活を送ろうとしても3日も保たないです。時間をかけて、自分を振り返りながら目標は設定しましょう。

 

ステップ2:睡眠8時間が最高のパフォーマンスを発揮する

睡眠時間は、4~6時間あれば考えていたら、大きな間違いです。ペンシルバニア大学の調査によると、6時間睡眠を2週間続けた結果、2日間寝ていない人と同等のパフォーマンスしか発揮できません。

 

思い返してみると経験があると思いますが、8時間睡眠をしたら、寝起きが良くすっきりとしていたはず。6時間睡眠だとすっきりはしませんが気分も悪くはないから、気が付かないうちに自分の能力を低下させています。

 

さらに、8時間の睡眠をしっかりと取れば、ストレス解消にもなります。睡眠中に脳内の情報は整理され、前日のストレスが緩和されます。高い目標の達成は長期戦になるのですから、ストレスを溜め込まないで気分よく毎日を過ごす必要があります。

 

ステップ3:毎週、適度な運動をする

適度な運動が健康にいいのは言うまでもないですが、脳の能力にも良い影響を与えます。具体的には、記憶力を上昇させます。適度に運動すると、記憶をつかさどる脳の「海馬」という部分が刺激され、活動を活発化。その結果、記憶能力が高くなるのです。

 

他にも多くのメリットがあります。気分の高揚やストレス発散、汗から身体の毒素の排出や新陳代謝の向上など、様々な特典がついてきます。

 

けっして激しい運動をする必要はありません。いつもより多く歩いてみたり、ジョギングをしてみたり、と運動する時間を増やします。可能であれば、汗が出る程度の運動をすると脳と身体に最高に健康をもたらします。

 

ステップ4:人が嫌がる仕事をする

ストイックな人は、率先して嫌な仕事を終わらせます。面倒な仕事を先に片付けてしまえば、残りは簡単な仕事もしくは好きな仕事だけです。

 

嫌な仕事を残しておくと、ずっと嫌な気分が続きます。さらに、先にやった仕事が気分に影響されてスピードが遅くなります。少しでも仕事を早く終わらせるのであれば、人が嫌がる仕事から終わらせましょう。

 

ステップ5:期限を必ず守ると、目標達成に近づく

仕事の期限は守れますが、自分が定めた目標の期限はなかなか守れません。小さな期限でもきちんと守らないと、ズルズルと先延ばしになります。

 

ストイックな生活習慣を身につけるのであれば、本当に小さな目標の期限を設定し、その期限に全力を尽くします。小さな期限を守る習慣を身につけ、最終的に大きな期限を全力で守る習慣を身につけます。

 

ステップ6:完璧な食生活が日々の能力向上につながる

ラーメンや白米、お菓子などの高カロリーの炭水化物ばかりを摂取していると、高血糖になり、記憶力や集中力を低下させます。高血糖は糖尿病だけではなく、認知症を引き起こす原因の要因の1つです。

 

しかも高カロリーの炭水化物を大量に食べていると、さらに同じものを食べたくなります。この依存性はコカインなどの薬物と同じようなレベルで危険です。

 

一時的に気分が高揚しますが、急激に気分は悪くなります。この気分の乱高下は、長期的にイライラや注意散漫といったデメリットを生みます。毎日の食べ物1つで気分の浮き沈みが左右されると、ストイックな生活は送れないでしょう。

 

ステップ7:頑張った自分に最高のご褒美を与える

長期的にストイックな生活を送り続けるのは、精神的に辛い面もあります。たまには、自分に優しくして、ご褒美を与えてみませんか。

 

甘いお菓子やラーメンが大好きだけど、我慢している人が大半だと思います。過度な欲求の我慢はストレスとなり、身体に悪影響を及ぼします。

 

だから、1週間に1回は自分にご褒美をあげましょう。我慢していれば我慢していたほど、甘いお菓子やラーメンがおいしく感じます。また明日から頑張りたくなる活力にもなります。最高な気分の高揚を味わうために、禁欲的になってもいいかもしれませんね。

 

ストイックになる生活習慣まとめ

ストイック
この7つあるステップの1つひとつを習慣に落とし込んでいければ、ストイックな生活習慣を手に入れたようなものです。あとは、目標が達成されるまで根気よく続けていきましょう。

「ストイック」に関連する別ページ

ストイックの特徴とは? 禁欲的でチャレンジャーな性格だ

投資の覇者ウォーレン・バフェットの気狂いなストイックさとは

スタイルが良くなるストイックなダイエット9つの方法