保育園と幼稚園の違いとは|ワーママ向けか?専業主婦向けか?

子供が産まれると、保育園に預かるか、幼稚園に預けるべきか迷ってくると思います。そもそも保育 園とは「保育の場」で、幼稚園は「教育の場」として考えられています。
 
この違いは大きく、家庭の事情によってどちらに子供を預けたら円満な家庭を築けるのか吟味する必 要があります。
 

保育園とは仕事をする主婦向けの施設

保育園で子供を預かってもらうとしたら、7時半~18時までの間がほとんどです。基本的に8時間程度が標準時間になっています。
 
逆に幼稚園の場合では、9時~14時までの時間に子供を預けられます。標準の時間としては、4時間程度です。
 
この4時間だけでは、主婦が仕事をできませんよね。この短時間では自宅の掃除や料理ができるのが関の山でしょう。
 
しかも幼稚園では、子供が遊ぶために必要な色鉛筆などを自分たちで用意する必要 があります。1つ1つの道具に名前を付けて管理する必要があり、面倒です。
 
しかも保育園は、就業していないと子供を入園させられません。つまり根本的に仕事をしている人向 けの施設になっているのです。
 

保育園に入園させたい人の需要は多く、入園は難しい

保育園では必ずしも主婦が就業していなくても、これからは働く仕事を見つけようとする意志がある求職者であれば、子供の入園は認められます。
 
ただし入りたい保育園の定員が超えていたら、優先順位が低くなり、入園できないケースもあります。
 

認可保育園と無認可保育園の違い

まず無認可保育園とは、国の児童福祉法に基づく認可を受けていない保育園のことです。「認可外保育園」と呼ばれています。その逆に、児童福祉法を順守し、認可を受けている保育園が「認可保育園」と呼ばれています。
 
国から認可されていないといっても危ない保育園ではないので安心してください。
 

幼稚園は専業主婦向けの施設

幼稚園では子供が満3歳になると入園が可能となります。その他にも、4歳になる年度から入る3年保育、5歳になる年度から入る2年保育があります。
 
ただ注意すべき点として、その歳ごとに近場に入園できる幼稚園があるのか、事前に探しておかなければなりません。最近では待機児童の問題もあり、なかなか見つかりません。