コミュ障でも転職できる一発逆転の方法とは

コミュ障

「コミュ障だから、転職できない」と思っていませんか? コミュニケーションが苦手だから会話がスムーズに進まないで、コンプレックスを抱いているでしょう。まわりからもコミュ障と言われるから、自分が無能だと思いがちです。

 

けれども、コミュ障と言っても、仕事はできるし、無能ではありません。しっかりと自分のコミュニケーションの仕方を自覚し、転職に活かしていきましょう。

 

それでは、コミュ障でも転職できる方法を紹介していきます。

 

まずはコミュ障の原因を知る

コミュニケーション

当然ですが、コミュ障になるのは原因があります。いくつかのパターンに分かれており、コミュ障を改善できるものと、改善できないものがあります。

 

まず改善できるのは、単純に人付き合いが少ないから、上手なコミュニケーションの取り方を知らないコミュ障です。一人でいることが好きだからコミュニケーションを取らないで、適切なコミュニケーションを取れません。この場合、コミュニケーションを取れば、簡単にコミュ障を改善できます。

 

改善できないコミュ障は、脳に問題がある場合です。例えば、ADHDやアスペルガー症候群などの発達障害があると、いくら努力を重ねてもコミュ障は改善されません。多少の改善はできても、脳の構造が問題なので、どうしようもないです。

 

コミュ障は転職活動に関係ない

転職で必要なのは仕事の能力は当然ですが、「やる気」が重要です。やる気がなければ、仕事の能力がある人であっても、雇いたくありません。「やる気」がある人であればコミュ障であっても、仕事を頑張ってくれると思ってくれます。

 

ただコミュニケーション能力が必須の職業もあります。接客業や営業職は、コミュニケーション能力が売りの職業なので、転職するのは難しいでしょう。

 

コミュ障でも転職できる適職を選ぶ

コミュ障であっても、適職はあるはずです。自分が得意とする仕事に転職することで、自分の力を最大限に発揮しなければなりません。

 

コミュ障だから転職できないワケではありませんが、転職の難易度はコミュニケーション能力が高い人よりも高くなります。彼らは、人に好かれる方法を熟知しており、それなりの職に付けます。うまく上司に取り入れば、出世もできるでしょう。

 

コミュ障である私たちは、自分の得意分野を知り、その能力を使っていく必要があります。そして、自分の適職を選ばなければなりません。コミュ障の人が適職になりやすいのは以下の仕事です。

 

・エンジニア
・プログラマー
・専門職
・技術職
・流通業

 

上記の職業がコミュ障の人が適職になりやすいです。まずは自分の得意分野を知って、それを活かしていきましょう。コミュ障の人は、ルーティンワークがある仕事が得意になりやすく、突発的な仕事やトラブル対応を苦手としています。

 

自分の得意・不得意を調べて、仕事を選ぶといいかもしれません。

 

コミュ障を続けるか、現状維持かで転職先が決まる

ADHDやアスペルガー症候群のような発達障害がない人であれば、コミュニケーション能力を高めることができます。練習すれば、問題ありません。それでもコミュ力がなくも、得意分野を伸ばしたい人は継続して、得意分野を極めていきましょう。

 

人生は転職先で決まる

一日の半分以上は、仕事をしています。その仕事が適職でないと苦痛を伴いますし、給料だって上がらない可能性が高まります。お金がすべてではないとはいえ、ある程度のお金がなければ生活ができませんよね。

 

コミュ障だからと言い訳しないで、転職をしましょう。実際に職に就けてしまえば、コミュニケーション能力が高くなくても、転職できることが分かります。

 

まずは勇気を出して、転職を始めましょう。