【仕事ができる人の特徴と条件】実証された10のノウハウを厳選!

仕事ができる人の特徴と条件

みなさんの周囲に仕事ができる人はいませんか? 彼らと同じように「仕事ができるようになりたい!」と憧れますが、難しいですよね。

 

ただ彼らがなぜ仕事ができるのか、その理由を熟知している人は少ないです。仕事ができる人の特徴や条件を身に付けるだけで、あなたは実力者になれるのに、基本的に誰も教えてくれません。

 

なぜなら、まわりの優秀な人はなんとなく仕事をして運よく実力者になれたからです。しかし、これから紹介する「仕事ができる人の特徴や条件」は、誰でも簡単に身に付けられるノウハウです!

 

今回の記事で紹介するノウハウでは、何となくでも運任せでもない実績があるノウハウであるため、最短ルートで仕事のできる人の仲間入りができます。

 

仕事ができる人の特徴5選

仕事ができる人の特徴
仕事ができる人の特徴が身に付いたら、あなたも優秀な人になれるかもしれません。しかし、会社は人が優秀になるヒントが溢れていますが、誰も成長の手助けをしないですよね。

 

これから紹介する特徴は、まわりにいて仕事ができる人だとすぐに分かる内容です。仕事ができる人になれる特徴だけを厳選し、5つにまとめました。

 

特徴1:事前の準備を怠らない

仕事ができる人の最大の特徴は、事前準備を怠らない点です。きちんと準備が行われていれば、営業やプレゼンテーションでも結果を残せます。なぜなら、あらゆる状況を想定して先手を取っているからです。

 

例えば、営業では最初、商品やサービスの紹介に興味を示さなかったとしても、相手の反応から興味を持つポイントを探し出します。そこを糸口にして、営業を成功させるトークを組み立てるのではなく、そのトークさえも事前に準備してあります。

 

ここまで想定して準備が行える人は間違いなく、仕事ができる人でしょう!

 

特徴2:常に余裕がある

仕事ができる人は事前の準備を行っているだけではなく、あらゆるビジネスの経験があるために、対応力が高く、アドリブが得意な特徴を持っています。これまで経験から、何をしたら上手に行くのか分かっているので、常に余裕を保つことができます。

 

逆に、余裕がない人は視野が狭まり、客観的にも焦っているように見えます。焦っている人は信頼されないので、結果的に仕事ができない人として印象が残ってしまうんです。それに、これは仕事ができない人の典型的な特徴です。

 

特徴3:勉強を欠かさない

当たり前ですが、優秀な人ほどビジネスの勉強に時間を費やしています。今すぐにビジネスに役立つ知識を収集して仕事で実践しています。本にまとめられた情報は専門家や一流のビジネスマンがまとめた内容なので、それを実践しているのですから、自然と仕事ができる人になっていったんでしょう!

 

仕事ができない人は、読書をしても得た知識をリアルの仕事に活かしていません。せっかく能力を向上させるチャンスがあるのに、やすやすと逃しているんです。

 

特徴4:幅広い知識を持っている

幅広い知識とは、芸能ニュースやスポーツ、流行のドラマや政治まであらゆる情報に対象にしています。経営者や上司、同僚や部下が興味を持つだろう情報はなんでも知っています。決して詳しい訳ではないですが、それなりの知識は持っています。いわば、浅く広くです。

 

このように多ジャンルの知識に触れていると、どんな人とでも共通の話題を持っていることになりますよね。その話題で盛り上がることができれば、簡単に仲良くなれます。

 

社内外問わずに、円滑なコミュニケーションを取るための道具として利用しているんです!

 

特徴5:決断が早い

仕事ができる人は、とにかく決断が早いです。なぜなら、これまでの仕事の経験から、すぐに結論へ至ることができるからです。

 

ただそれまでの経験では通用しない決断をしなければならない時もありますが、その場合は素早く決断できる材料を整理し、その場で最適に近い回答を編み出します。それが最高の結果を生み出すのか分かりませんが、迷っている暇があるのなら、決断は早いです。

 

もし決断が遅いとしたら、物事を判断する材料が少なすぎて決断できない時があります。ただし長期で情報収集するのではなく、1日2日程度で決断しているでしょう!

 

仕事ができる人の条件5選

仕事ができる人の条件
先ほど紹介した仕事ができる人の特徴は表面だけで、まわりから見ても優秀な人だと分かる内容でした。しかし、これから紹介する「仕事ができる人の条件」は、どちらかと言えば他人からは窺い知れないメンタルです。

 

これから紹介する条件が整っている人はエリート街道まっしぐらでしょう。なぜその条件に当てはまっていると優秀にあれるのか、5つある仕事ができる人の条件を読んでいきば、おのずと分かるはずです!

 

条件1:客観的に自分を観察できる

自分を客観的に見られない人は、ずっと成長しないまま、プライドが高くなります。自分に能力がなく、成果を上げていないのに数字を客観的に見られないために、自己評価が高くなってしまうんです!

 

自分に何のスキルが足らなくて何がダメなのか、分からない人は典型的な仕事ができない特徴になっています。

 

逆に言えば、「自分を客観的に観察できる」のであれば、もはや仕事がきる人と言っても過言ではありません。なぜなら、自分に何が足らなくて何が必要なにか、正確に判断できるからです。

 

条件2:仲間や部下に優しい

大きな会社の上司の中には、立ち場が弱い部下を無意味に感情的に怒ることがあります。怒ること叱ることが悪くないですが、頻繁に行ってよい行動ではないですよね。

 

非常識で故意的な仕事の誤魔化しなどはきちんと叱らないといけませんが、その人の能力が低いために目標が達成できなかったことを怒る資格は上司にはありません。なぜなら、上司が部下に目標を達成するために必要なノウハウを教えていなかったのがいけないんです。

 

それがないのに、一方的に部下に叱るはナンセンスです。

 

そこで仕事ができる人の条件として、仲間や部下に優しい点が挙げられます。この条件がある人はまわりから信頼されるので、スムーズに仕事が進みます。その結果、チーム全体で良い結果が生まれていきます。

 

条件3:常識に捕らわれない

ビジネスを行っていると今までの常識やノウハウが通用しない時期が必ずやってきます。そんな状況になっても、やり方を変えないと衰退を辿っていく運命となっていきます。

 

だからこそ、常識に捕らわれない発想で危機的な状況を抜け出していく必要があります。そのためには、好奇心が旺盛で、新しい情報を収集能力が高い必要があります。

 

様々な価値観に触れていることにより、新しい発想を生み出し、最終的にビジネスを救って成長させていきます。そんな発想ができる人が優秀じゃないワケがありません。

 

この条件を兼ね備えている人がいるからどうかで社運に関わります。間違いなく仕事ができる条件です。

 

条件4:人との繋がりを大切にする

仕事は一人ではなきないことが多いので、人との繋がりを大切にします。どんな状況も人に優しく、またビジネスをしないと思われる人物です。

 

特に、自分の能力が高い人は結果を残していけますが、人との繋がりを大切にしない人がいます。これは絶対条件ではありませんが、この条件4があるとさらなる高みに至ります。

 

条件5:不機嫌を顔に出さない

仕事では不測の事態が連続することがあり、精神的にどうしても疲弊するタイミングがあります。それでも職場では嫌な顔をしないです。その行為一つで職場の雰囲気を悪くするので、そんな感情的なことはしません。