仕事ができる人の【条件】とは?年収1000万になる為の「7か条」

仕事ができる人の特徴と条件

ビジネスマンにとって年収1000万円は大きな目標の1つではないでしょうか。年収1000万円の人は誰からも 「仕事ができる人」と言われるようになり、憧れの存在となります。

 

彼らは運よく年収が上がったのではなく、「仕事ができる人の条件」を1つ1つ満たしていったからに他なり ません。

 

それでは、年収1000万円級の仕事ができる人の条件を「7か条」に分けて紹介していきます。

 

仕事ができる人の条件を満たせないと・・・

これから紹介する仕事ができる人の条件ですが、1つも満たせていないと年収300万円を超えることができず 、貧困に陥る可能性があります。

 

とはいえ、半分の条件を満たせていたからと言って満足していると、成長が止まってしまい、欲しい給料は 得られないでしょう。

 

なぜなら、「7か条」のすべてがビジネスをする上で必須と言える条件だからです。

 

条件1:月に1冊以上の読書または新しい知識を得る

仕事ができる人は読書家である、と思っている人は多いのではないでしょうか。あながち間違いではありま せんが、正しくは「常に知らない情報・ノウハウ」を収集しているにすぎません。

 

つまり自分の仕事に繋がる情報であるのなら、読書ではなくても、ネット情報や友達から聞くことだってあります。

 

ただし読書の場合ですと、欲しい情報がまとまっているというメリットがあります。しかも本に書いてある情報は、著者や出版社を通しているので、比較的に信憑性が高いです。

 

集めた情報・ノウハウの活かし方で人生が決まる

読書や友達から情報収集したら、次に仕入れた情報を活かす必要があります。

 

皆さんにも経験があるかもしれませんが、例えば、本を読んだだけで仕事に活かせていなかったことがあり ますよね。

 

「読書」という行為に満足してしまい、せっかく仕入れた情報を活かせていないからです。

 

年収1000万円のプライヤーになれる人は読んだ本の情報を自分の血肉にできていますが、年収300万円止まりの人は読書しただけで終わってしまうのです。

 

この読書の活かし方の差が10年後に、大きな差を生みます。

 

読書の活かし方

まずは本を読もうとする前に、この本にあったノウハウを仕事や生活に活かす覚悟を持ちましょう。

 

そして、何か実行できそうなノウハウがあったら、メモ帳に記録します。

 

読書が終わったら、メモ帳を見ながら記録したノウハウを1つ1つ実行し、チェックしていきます。そのノウ ハウには効果があるのか確かめて、効果があったら継続してしきていきます。

 

条件2:睡眠時間の平均が7時間以上

仕事ができる人の条件に睡眠時間を挙げた理由は、常に最高のパフォーマンスを発揮できる人の多くは 適度な睡眠時間を確保しているからです。

 

毎日が多忙で残業があり、緊張とストレスを感じ続けていたら、疲労から頭が働かなくなってパフォーマンスが下がります。そのまま仕事を続けていたら、凡ミスが増え、どこかで致命的なミスを犯してしまうでしょう。

 

毎日の緊張やストレスを解消する簡単に解消する方法はありませんが、睡眠時間をきちんと確保しておければ、疲れない体質となり、ストレス耐性も身に付きます。

 

また「疲れやすくなった」「鬱かもしれない」と思う原因は、睡眠時間が少ないからかもしれません。

 

平日は睡眠時間が少ないから、休日にたっぷり寝ようとする人がいます。科学的に実証されていますが、休日にきちんと寝ようが平日の疲れは解消されません。

 

平日から睡眠時間を確保できるように確保していく必要があります。

 

条件3:客観的に自分を観察できる

自分を客観的に見られない人は、ずっと成長しないまま、プライドが高くなります。自分に能力がなく、成果を上げていないのに数字を客観的に見られないために、自己評価が高くなってしまうんです!

 

自分に何のスキルが足らなくて何がダメなのか、分からない人は典型的な仕事ができない特徴になっています。

 

逆に言えば、「自分を客観的に観察できる」のであれば、もはや仕事がきる人と言っても過言ではありません。なぜなら、自分に何が足らなくて何が必要なにか、正確に判断できるからです。

 

条件4:仲間や部下に優しい

大きな会社の上司の中には、立ち場が弱い部下を無意味に感情的に怒ることがあります。怒ること叱ることが悪くないですが、頻繁に行ってよい行動ではないですよね。

 

非常識で故意的な仕事の誤魔化しなどはきちんと叱らないといけませんが、その人の能力が低いために目標が達成できなかったことを怒る資格は上司にはありません。なぜなら、上司が部下に目標を達成するために必要なノウハウを教えていなかったのがいけないんです。

 

それがないのに、一方的に部下に叱るはナンセンスです。

 

そこで仕事ができる人の条件として、仲間や部下に優しい点が挙げられます。この条件がある人はまわりから信頼されるので、スムーズに仕事が進みます。その結果、チーム全体で良い結果が生まれていきます。

 

条件5:常識に捕らわれない

ビジネスを行っていると今までの常識やノウハウが通用しない時期が必ずやってきます。そんな状況になっても、やり方を変えないと衰退を辿っていく運命となっていきます。

 

だからこそ、常識に捕らわれない発想で危機的な状況を抜け出していく必要があります。そのためには、好奇心が旺盛で、新しい情報を収集能力が高い必要があります。

 

様々な価値観に触れていることにより、新しい発想を生み出し、最終的にビジネスを救って成長させていきます。そんな発想ができる人が優秀じゃないワケがありません。

 

この条件を兼ね備えている人がいるからどうかで社運に関わります。間違いなく仕事ができる条件です。

 

条件6:人との繋がりを大切にする

仕事は一人ではなきないことが多いので、人との繋がりを大切にします。どんな状況も人に優しく、またビジネスをしないと思われる人物です。

 

特に、自分の能力が高い人は結果を残していけますが、人との繋がりを大切にしない人がいます。これは絶対条件ではありませんが、この条件4があるとさらなる高みに至ります。

 

条件7:不機嫌を顔に出さない

仕事では不測の事態が連続することがあり、精神的にどうしても疲弊するタイミングがあります。それでも職場では嫌な顔をしないです。その行為一つで職場の雰囲気を悪くするので、そんな感情的なことはしません。