【エニアグラム】タイプ4の適職と相性とは

エニアグラム タイプ4

まわりに、普通の人とは違う、エクセントリックな服装や奇抜な行動を取る人はいませんか? エニアグラムのタイプ4は、人とは別の行動を好んでいます。タイプ4はエニアグラムの9つの性格の中でも特徴的です。エニアグラムの診断をしなくても、結果が分かる人となっています。

 

タイプ4の性格の人を表すキーワードは、「独創的なアイディア」「表現力が豊か」「繊細」「ユニーク」「妄想が好き」などがあります。独特かつ独自のアイデンティティーを持っているからこそ、繊細で傷付きやすい傾向にあります。

 

見た目は、ひげを生やしていたり、帽子をかぶっていたり、エクセントリックな服装であったりと他とは違う装いを好んでいます。言動も「夢は~」「感動した」などの感情的な言葉をよく使うのが特徴的でしょう。

 

彼らのことをエニアグラムでは、ロマンチストや芸術家として表現されます。ロマンチストは感情豊かで夢が大きな性格をしています。芸術家は、人とは違うことを生業としています。どちらも独創的ではありますが、繊細な心の持ち主でもあります。

 

まわりにいる人や自分がタイプ4であったら、対処法や自己分析に利用してみてください。

目次

 

エニアグラムのタイプ4の性格とは

性格

エニアグラムの性格診断の結果を完璧になるまで理解するには、個々のタイプの根源的な恐れを知る必要がある。その根源的な恐れは、DNAレベルでプログラミングされた深層心理である。これを変えることは基本的にはできないと考えるべきだ。それだけ人の心に根付いた心理です。ゆえに、性格にかなり影響されています。エニアグラムのタイプ別性格を知るには、根源的な恐れを知らないとお話にならない。

 

エニアグラムにおけるタイプ4の根源的な恐れは、「自分には存在意義がない」「アイデンティティーがない」です。この恐れは、他と同じことに恐れています。だから、他とは違う特別な存在になろうとして、奇抜な服装やエクセントリックな服装をしているのです。

 

タイプ4の適職とは

仕事

エニアグラムの9つの性格それぞれに、適した仕事があります。その適職であるかないかによって、仕事の生産性が変わってきます。自分に合ってない職場や仕事であったら、ストレスにしかなりません。エニアグラムで分析した性格で適職を見つけ、あなたにとって最高の適職を探してください

 

どのような仕事が上手くいくのか

タイプ4はクリエイティブな仕事が得意です。他とは違う想像力がなくしては成り立たない仕事。それがタイプ4によって、最も実力を発揮できる適職となります。逆に、事務的なルーティンワークが基本となる仕事は合いません。やる気もでないでしょう。

 

頭の中でマイワールドを創り上げるタイプ4には、静かな環境での仕事が最適です。営業のように体育会系の職場は合わないでしょう。

 

それらの点を総合して考えられる適職は、WEBデザイナー、作家、小説家、芸術家、イラストレーター、コピーライター、ジャーナリスト、研究者、医者、マッサージ師などなど、様々な仕事があります。上記の適職を参考にして、仕事を選んでみてください。

 

もしくは、タイプ4の部下がいるのであれば、上記のような仕事を任してみたらどうでしょうか。もしかしたら、いつも以上に力を発揮してくれるかもしれません。

タイプ4の相性とは

コミュニケーション

タイプ4は、エニアグラムの9つの性格の中でも、万人受けする性格ではありません。独特な雰囲気を持ち、他者とは隔絶した考え方をしています。そのマイワールドに合わせることができる人か、同じようにマイワールドを持っている人でないと、相性は良くないでしょう。

 

人それぞれ興味関心が違ってくるので、このマイワールドに合わせられる人は少ないでしょう。だから、基本的にタイプ4は性格を表に出すことが少ないです。だからこそ、そのマイワールドに寄り添える人は、相性が良くなります。そのように仲良くできる相性の人を探しましょう。

 

どのような人と仲良くできるのか

ロマンチストであり、芸術家である彼らに合わせられる相性を持つのは、タイプ5の人々です。タイプ5は観察者であり、研究者です。1つのことを追求していくので、ある意味でマイワールドが形成されていきます。そのマイワールドに少しでも興味関心に触れていれば、最も相性が良いでしょう。

 

恋愛の相性

恋愛の相性も同じように、タイプ5が最も相性が良いです。次に相性が良いと考えられるのは、タイプ2の博愛主義者とタイプ4の芸術家です。タイプ4は同じような性格をしていて、仲良くなれる確率は格段に高いです。けれども、同じような性格をしているがゆえに、それ以上の仲になれない可能性も含まれています。

 

それに対して、タイプ2は、独特なマイワールドに合わせられる能力を持っています。タイプ2の包容力のおかげで、タイプ4はマイワールドを発揮することができます。

タイプ4の短所と長所

コミュニケーション

かれらの短所と長所を知ることによって、対処法を学ぶことができます。どのように接したら最適なのかを考えられます。実際に当てはまる人を想像しながら、読み進めてくださいね。

 

短所

協調性がありません。個人プレーで自由にやりたいため、強調するのが苦手です。行動を制限されると、逃げたくなる性格をしています。感情の浮き沈みが激しく、喜んだり、悲しんだりしています。こうなると他の人から介抱されても、何も変わりません。

 

長所

確固たる強い意志と高い理想を持っています。その向上心にブレがなく、屈強な精神を持っています、周囲の評価や権力、お金などに惑わされません。甘い話に乗りませんし、むしろ世俗の快楽や誘惑を嫌っています。世間で言う幸せの語りは、タイプ4の人にとっては幸せではないからです。

 

自分がタイプ4だった場合の対処法

心理学

妄想好きなマイワールドを持っている自分であることを認めましょう。タイプ4の人は自分がマイワールドの中にいることを認めようとしても、認められません。それが邪魔して、コミュニケーションを疎外してしまいます。その結果、他の人と離れた生活を送ることになります。

 

マイワールドがあることを認めたら、それを隠す必要はありません。自分の中の感情を受け入れてくれる人を探してください。もしくは、自分の一部でも良いから認めてくれる人を探しましょう。

 

精神的に安定剤になってくれる人がいれば、十分に世間でやっていけます。

相手がタイプ4だった場合の対処法

性格

タイプ4は独特なマイワールドを持っています。対処法を少しでも間違えてしまうと、致命傷になる可能性もあります。だから、注意してタイプ4を観察してください。その結果、最善の対処法が見つかるでしょう。

 

まずは相手のことを考えて、相手のマイワールドを受け入れましょう。受け入れないで否定していまうと、これから関係を修復するのは不可能になります、ロマンチスト・芸術家にとって、マイワールドは下手したら、命の次に大切な価値観となります、その点は注意していた方が良いかもしれません。

 

まとめ

独特かつエクセントリックな人なので、適職や相性が合う人はなかなか少なくなってしまいます。けれども、奇抜だからこそ必要になることもあります。タイプ4の深層心理にある根源的な恐れ「自分位は存在意義がない」「アイデンティティー」がないなどの価値観を知り、彼らを受け入れてみましょう。

もっとエニアグラムを知ろう!!