【エニアグラムタイプ1】完璧主義者の驚愕な適職と相性を徹底解説!

エニアグラムタイプ1

エニアグラムタイプ1は、何事も完璧にこなしたがる完璧主義者です。仕事のミスがなく、誤字脱字がない几帳面な性格をしています。

 

彼らは「努力家」「几帳面」「誠実」「真面目」などの言葉が似合います。そんな言葉で褒められる人が近くにも必ずいると思います。その人こそがエニアグラムタイプ1完璧主義者でしょう!

 

さらに、外見でも完璧主義者を判別できます。彼らの大きな外見の特徴は、いつもきっちりとした服装をしています。例えば、シャツに染みがなく、靴はいつも綺麗なはずです。

 

なぜなら、エニアグラムタイプ1に診断された人は、完璧でないと恐怖を感じるからです。自分でも気が付いていない心の底では、「完璧」でないと社会から不要の烙印を押されると刻み込まれています。

 

だから、異常なほど完璧主義に陥ってしまうんです。そんなエニアグラムタイプ1完璧主義者を丸裸にし、適職や相性を徹底解説していきます!

 

目次

 

エニアグラムタイプ1完璧主義者の性格を徹底解説

エニアグラム タイプ1

「完璧主義」「几帳面」「努力家」という言葉だけで、どんな性格をしているのか想像できますか?

 

タイプ1は、文章の中にある誤字脱字に異様に気が付きますし、待ち合わせ時間や約束は必ず守ってくれます。非常に正義感が強く、組織やチームに1人はいてくれると頼もしい存在です。

 

ただ完璧主義の傾向が強い性格の人だと、ちょっと融通が利かない面倒な人に見てしまうかもしれません。

 

何かが欠け、完璧でないと恐怖と不安に襲われる

エニアグラムタイプ1が努力家だが、完璧主義的なのは、深い理由があります。

 

例えば、ある仕事をしていて1文字の誤字脱字があるだけで、自分の評価が地に落ちると思い込んでいるんです。確かに、致命的な場面もありますが、ほとんどはミスをしても問題ないでしょう。

 

けれども、完璧主義ですと、ちっちゃな欠陥でもあると社会から不要だと思っています。

完璧or欠陥の2で考えており、欠陥が少しでもあると社会に必要ないとされ、恐怖や不安に襲われるんです!

 

この恐怖や不安は、エニアグラムのタイプごとに違い、根源的な問題です。もっと人の心理を知りたい人は、こちらからエニアグラムの詳細をご覧ください。

 

エニアグラムの詳細!!
9つの性格を徹底解説をチェック!

 

エニアグラムタイプ「完璧主義」に合う適職があるのか?

適職エニアグラムには、それぞれの特徴にあった適職(適正職業)があります。エニアグラムの診断結果、完璧主義者であっても適職があります。あなたが完璧主義者を相手にする場合の対処法として利用してみましょう。あなたが完璧主義者であるのなら、今の仕事が適職か適職でないかを考えてみてください。

 

これがベストの仕事

タイプ1の適職は、完璧を求める必要がある「法律」「経理」「銀行員」「士業」「コンサルタント」「消防士」「警察官」「裁判官」などなど、適職の例を挙げたらきりがありません。

 

これらの適職は、どれも完璧性や正義感が必要になってくる仕事です。エニアグラムにおける完璧主義者は、上記の仕事に関係した職場を探すとよいでしょう。

 

また、職場の雰囲気としては、「やったことが平等、公正に評価される」「勤勉な雰囲気がある」「倫理観や信念が求められる」などがあると、彼らにとってはベストな環境となります。

 

エニアグラムタイプ1の相性とは

相性

エニアグラムでは、他の8つの診断結果との相性についても言及されています。それぞれの性格の相性が良いのか悪いのか、的確に分かります。

 

それでは、扱いにくそうな完璧主義者タイプ1と他のエニアグラムの診断結果の性格との相性がどうなっているのかを見ていきましょう。

 

どのような人と仲良くできるのか

自分に対して厳しい人なので、普通に接するのも難しいかもしれません。万人受けする人ではないことは周知の事実。

 

彼らに適した性格をしている相手は、タイプ2の人の助けになりたいと考えている人やタイプ9の平和や調和を願っている人です。

 

彼らと一緒にいることによって、完璧主義者であっても一緒になってくれます。仕事であれば、ベストなパートナーともなってくれるでしょう。その外には、タイプ5の学者肌の性質をもった人も相性が良い。

 

どちらも完璧性を求める気質を持っており、似たような性格だ。人間関係においては難しい面もあるかもしればいが、プライベートでは仲良くやっていけるだろう。

 

恋愛の相性

恋愛においては、タイプ2との相性が良い。完璧主義者は小さなことが気になる人なので、自然と自己主張が強くなってしまいます。

 

この性格に合わせられるのは、他でもないタイプ2の性質をもった人だけです。人を助けたい、必要とされたいと思っているので、完璧主義者にとっては動きやすくなります。

 

エニアグラムタイプ1の残酷な「短所と長所」

エニアグラムエニアグラムの診断結果から、短所と長所を理解することによって、相手や自分の良いところ悪いところを理解しましょう。相手のことが分かっていれば、その分は余裕をもって対応できるようになります。

 

短所

いつも完璧を求めるため、周囲にも同じレベルを期待してしまう傾向があります。正義感があるので、公平に接することに努めていますが、一方で自分が正しいと思い込みがち。その残念な正義感が他者にとっては不快です。

 

長所

責任感をもって仕事や約束事を最後までややり通そうとします。何事にも手を抜かないで、常に完成度の高いサービスを提供します。その姿勢は評価されやすいです。

 

自分がエニアグラムタイプ1だった場合の対処法

エニアグラムの性格診断は、完全完璧ではありませんが、確実に「あ、そうかも」と思えるはずです。

 

まずは、診断結果、タイプ1の完璧主義者だったあなたは、その結果を受け入れてください。もしかしたら、自分の身勝手な正義感で人を不快にされているかもしれません。

 

まずは、自分が思っていることが正しいと思わないことから始めましょう。約束を破られてしまったとしても、怒らないで、話を聞いてみてはどうでしょうか。確かに、あなたは正しいでしょう。

 

けれども、その場で怒ってしまったら、相手はこれから心を開いてくれなくなります。とにかく相手を受け入れること、すなわち人の話を最後の最後まで聞くようにしましょう。

 

自分の正義感から反論をしそうになっても、ぐっと堪えてください。それから、冷静になって、話を始めてください。前とは、違う結果をもたらしてくれるでしょう。

 

相手がエニアグラムタイプ1だった場合の対処法

エニアグラムを理解していれば、タイプ1のように扱いにくい相手であっても対処できるようになります。この特徴をもった人に対しては、単純に約束を守るといった基本的なことをやってください。それが第一前提となります。

 

それでも人は失敗してしまいます。遅刻をしてしまったとしたら、次回以降は、相手よりも早く待ち合わせ場所に到着していてください。その行動が何も言わなくても、態度に反省の色があると理解してくれます。

 

とはいえ、完璧主義者なだけあって余裕をもって待ち合わせ場所に到着するでしょう。基本的なことを守っていくことが、完璧主義者への対処法です。

 

まとめ

これで、エニアグラムにおける完璧主義者を理解できたのではないでしょうか。このエニアグラムの特徴をもった人であっても扱いにくいと思ったことでしょう。

 

その他のエニアグラムの診断結果も詳しく説明しているので、そちらもぜひご覧ください。それらを読めば、人の心理を多少は理解できるようになると思います。

もっとエニアグラムを知ろう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。