自分のエゴが分かるエゴグラムとは何か!?

エゴグラム

交流分析のエゴグラムとは、人の特徴を5つに分類する性格診断です。エゴ(自我)グラム(図表)として、診断結果を図表として見える化できるのが他の性格診断にないメリットの1つです。普遍的な人の心を分類しているので、誰にでも当てはまります。

 

5つに人の性格を分類しているので、細かい人の特徴をつかむことはできません。けれども、どのような特徴を持っていて、どのようなコミュニケーションを取ったらいいのかが非常に分かりやすいです。

性格

ざっくりと5つの性格を分類

 

・支配的な親  ……CP……controlling parent

・教育的な親  ……NP……nurturing parent

・合理的な親  ……A………adult ego state

・天真爛漫な子供……FC……free child

・従順な子供  ……AC……adapted child

 

上記の5つの性格は、人の深層心理にある自我を表現しています。人の根本的な部分、親や子供、それらの性質はDNAに刻みこまれているので、誰しもが持っているものなのです。

 

交流分析のエゴグラムはどのようにして生まれたのか

 

エゴグラムが生み出されたのは、1950年代ごろとされています。当時のアメリカの心理学者エリック・バーン博士が創出した「交流分析」が基礎となり、エゴグラムとなりました。その「交流分析」とは、人間関係の心理学理論に基づいています。簡単に言ってしまえば、最も身近なコミュニケーションを取る相手である家族をベースにしています。

 

「交流分析」では、P(Parent、親)、A(Adult、成人)、C(Child、子供)というPACモデルという分類しており、そこにさらなる分類として、CP(支配的な親)、NP(教育的な親)、FC(天真爛漫な子供)、AC(従順な子供)がある。

 

エゴグラムを活用しよう

 

エゴグラムによって自分の性格を知ることができます。交流分析ですので、人と人とのコミュニケーションをターゲットにした性格診断です。自分の良い部分、悪い部分を知ることによって、円滑なコミュニケーションに活用できるようになるでしょう。

心理学

1つの性格に縛られるわけではない

 

5つに性格が分類されているので、その1つの特徴しかないと思われてしまうかもしれません。このエゴグラムでは、5つある性格が混ざり合っており、どの性質が最も強いのかを図表にしてあります。詳しくは、性格診断を利用してみてください。

 

エゴグラムー支配的な親(CP)

 

CPは、人を支配したいという感情があります。分かりやすい例として、親が子供を教育するとき、自分の正しさを子供に押し付け、子供を支配しようと試みます。このとき、親は子供をコントロールすることができ、安心します。

 

逆に、子供が自分の言うことから反逆すると、怒りを覚えてしまいます。子供をコントロール化に置くことで、支配という欲求と安心感を満たせます。

 

支配性のメリット&デメリット

 

CPの人は、正義感や義務感を強く持っています。組織の中でその特徴が発揮されて、リーダーとして組織を導いてくれる人です。

 

ただ「~しなければならない」「~すべき」ということば使い過ぎており、批判的な側面もあります。高い理想と正義感を持っているからこそ、どうしても他人に厳しくなってしまう傾向があります。

 

エゴグラムで支配性が強いと診断されたら、他者を受け入れる寛容な心を意識してみましょう。相手の意見が間違っていた場合、反論・批判したいという気持ちをぐっとこらえて、相手の意見にまずは共感すると良いです。

 

エゴグラムー教育的(NP)

 

NPは、思いやりや優しさを持った性格をしています。非常にコミュニケーション能力が高く、人の痛みが分かる人です。自分の母親を見たら分かると思いますが、子供には優しく、常に守ってくれて、親身になって様々なことを教えてくれます。人支援することが好きなサポータータイプで、リーダーを支えるタイプです。

 

教育的な人のメリット&デメリット

 

母親のような優しさを持っているのは大きなメリットでしょう。どんな人にでも共感できる能力をもっているので、円滑にコミュニケーションが進みます。親身になってお世話をしますが、甘やかしすぎてしまう可能性もあります。

 

NPのデメリットは、過保護な振舞いをしてしまう点です。エゴグラムの診断でNPが高すぎても問題がありますし、低すぎても、人の心が分からない、冷たい人になってしまいます。

 

エゴグラムー合理的(A)

 

エゴグラムのAは、アダルトの頭文字で、そのまま大人の意味です。合理的な性格をしていて、知的で、理性的で、判断力を持ち、現実的です。大人という形容をそのままのようなタイプがA(アダルト)です。

 

この合理的な性格は、客観的に物事を見ることができ、自分の感情をコントロールできるしっかり者です。物事を現実的に考えられる反面、現実を知っているがあまり、理屈っぽくなったり、計算高くなりがちです。

 

エゴグラムの診断結果のAのポイントが低いと、冷静な判断ができず、非合理的で、感情的な人となってしまいます。

 

合理的な大人のメリット&デメリット

 

単純に、頼れるひとです。将来を考え、合理的に物事を考えられます。非常に信頼されやすく、仕事の能力を持った万能型と言ってもよいでしょう。

 

デメリットは、大人過ぎて、固定概念にとらわれてしまいます。年を取れば取るほどに、計算だたく理屈っぽくなってしまいます。

 

エゴグラムー天真爛漫な子供(FC)

 

エゴグラムでのFCは、天真爛漫な子供のような性格をしています。のびのびとしていて、いつも楽しそうで、自由奔放です。無邪気で素直なところが子供そのままで、FCのポイントが高い人は、常に楽しそうにしています。

 

FCのポイントが低い人は活発性がなく、表情にも変化がない、ぶっきらぼうな人です。コミュニケーション能力も低く、社会に適合しにくくなってしまいます。

 

天真爛漫な人のメリット&デメリットとは

 

メリットは、何事にも好奇心を持ち、果敢にチャレンジできる点でしょう。子供のように好きなことには集中して取り組んでいきます。そのときの集中力は他を圧倒します。

 

デメリットは、自由奔放なので、マイペースな部分があるところです。FCの天真爛漫が強すぎると、コミュニケーションンが取れない性格の人だとまわりから認識されてしまいます。

 

エゴグラム‐従順な子供(AC)

 

ACは、従順な子供を思い浮かべると分かりやすいです。協調性もあり、コミュニケーション能力の高い性格をしています。エゴグラム的には、ACのポイントが高いと、素直で、誠実で、真面目になる傾向があります。

 

それは、子供ながら大人としてまわりに気を遣い、「優等生」として見られることを望んでいるからです。親だけではなく、先生や友達に対しても「優等生」を演じてしまいます。

 

度を超すと、主体性のない、まわりだけを気にする人になってしまいます。逆に、エゴグラムACのポイントが低いと、反抗的で、独善的な性格になってしまいます。

 

従順な子供なメリット・デメリット

 

メリットは素直で誠実で、とてもいい子です。いわゆる「優等生」としてコミュニケーションを取ります。

 

デメリットはあまり思いつきません。

エゴグラム

まとめ

 

エゴグラムについて、これでお分かりでしょうか。エゴグラムを利用することで、自分の自我‐エゴをしることができます。性格の根本的な部分を伝えてくれているので、性格診断として活用することができます。

もっと人の心理を学び、人の心理を操作できるようになりましょう。