コミュニケーションが苦手!?克服法ベスト5

コミュニケーション

コミュニケーションが苦手で会話が続かない経験がある、苦手を克服したい人へ。そんな人の苦手を克服し、仕事も恋愛も人間関係も円滑に進めていくための方法「ベスト5」を厳選しました。「そもそも会話を続ける必要があるのか」から「上手にしゃべる方法」までを、簡潔に紹介していきます。

 

わずか「5つのポイント」をやるだけで、苦手が克服でき、コミュニケーション能力が圧倒的に高まっていきます。これさえあれば、本当に仕事も恋愛をうまくいく方法だけがあるので、読んだら、すぐに実践してください。その効果が実感できるはずです。

 

苦手を克服する必要性とは!?

苦手

本題に入る前に、そもそも苦手なコミュニケーションを克服する必要があるのでしょうか。現状でコミュニケーション能力がなくて問題が起こっていないのであれば、克服する必要もありません。

 

この記事を読んでいるということは、何かしらの問題を抱えているのでしょう。しかも人間関係の問題。仕事や恋愛だけではなく、家族との関係など、多くの問題を抱えていると思います。あなたの中に問題意識があるのであれば、その問題を解決するために、この記事がどのように利用できるのかを考えながら読み進めてください。その読み方をしていけば、あなたの問題を解決するためのエッセンスが必ず見つかるはずです。

 

コミュニケーションが苦手な理由

コミュ力

なぜコミュニケーション能力が高い人と低い人がいるのだろうか。その理由は生まれつきではないのは、誰でも分かるだろう。スポーツであれば筋肉の質や身長などによって、得意不得意がある。コミュニケーション能力が低い場合、身体的な障害がない限り、後天的な原因があります。

 

コミュニケーション能力が低い人は、そうじて「苦手」という言葉を使っているのではないでしょうか。「苦手」は感情的な言葉です。ただ苦手意識をもって、コミュニケーションを取っています。会話が続かないと思いながら、おしゃべりをしていても面白いお話はできないと思います。

 

結論は、「コミュニケーションが苦手な理由は、苦手だと思っていること」。この結論を覚えておいてください。もし苦手が克服されたとしたら、それは苦手意識がなくなった瞬間です。それでは、「苦手意識をどのようにしたら克服できるのか」を紹介していきます。

 

苦手なコミュニケーションを克服する方法ベスト5

苦手

下記の5つのスキルを身につけると、コミュニケーション能力を圧倒的に高めることができ、あなたの問題を解決できるようになります。じっくりと読んで、血肉にして実践してみてくださいね。

 

1 克服できた先を想像する

 

あなたは、苦手なコミュニケーションを克服できたら、何をしたいですか? しっかりと想像してくださいね。この想像することが重要になってきます。大きな問題、小さな問題があると思います。

 

その全ての問題が解決された、幸せな未来を想像してみてください。お金持ちになれたり、好きな人と付き合うことができたり、苦手な人と仲良くなれたり、と各々の苦手を克服した未来があると思います。

 

なぜ苦手を克服した未来を想像する必要があるのかというと、苦手意識をなくすためです。深層心理に意識が残っていても、未来の幸福のために努が苦手な意識を覆ってしまうので、消極的にならなくて済むのです。

 

しかも圧倒的にモチベーションが違います。明確に想像できればできるほど、苦手なコミュニケーションは克服されていくでしょう。

 

2 共通点を探し出す

 

初対面の人と会話を盛り上げる方法は何か。それは、共通点があること。共通点があれば最低限の話ができるし、会話が途切れません。その共通点が自分に興味があることであれば、消極的な人であっても勝手に積極的になってしまうのです。

 

あなたにも人に聞かせたい話があるのではないでしょうか。例えば、自分の興味があるアニメや音楽などの話題。その興味の中から、相手との共通点を探ってください。その中に会話の糸口が見つかるはずです。共通点があれば、あとは勝手に口がおしゃべりを始めてくれます。

 

3 会話の失敗を気にしない

 

苦手意識を持っている人は、積極的で失敗を恐れる傾向があります。ちょっとしたおしゃべりのミスで恥ずかしがっていては、何も始まりません。その恥ずかしい、失敗したくない、という気持ちから、コミュニケーション能力は向上していきます。

 

失敗の中には、「会話が続かない」「話す話題がない」「会話の流れを読めていなかった」「話し方がたどたどしくなった」「何を話したらいいのか分からない」などなど、たくさんあります。その全てが不安の種になっているのでしょうね。

 

もし会話の失敗を気にするのであれば、これからコミュニケーションに対する苦手意識を克服することは、生涯できないと考えた方がいいのかもしれません。それだけ失敗を気にしないことは重要なことです。

 

4 会話の流れを意識する

 

コミュ池―諸ン能力が高い人の特徴として最も挙げられるのは、「会話の流れを読めること」です。会話の流れを読むのは、人の心が分からないとできません。相手の心の内を理解することで、会話を先読みできます。実際にやろうと思うと難しいはずです。

 

難しくても会話の流れを読むことがでれば、圧倒的にコミュニケーション能力は高まっていくでしょう。そもそもコミュニケーション能力の高さは、話し方や聞き方だけではないのですから。食事の場でお冷やがなくなっていたら、気遣って店員を呼ぶこともできるようになります。そんな気遣いができれば、確実に評価は高まっていくでしょう。

 

話すことが苦手でも、会話の流れを読む練習は常にできるはずです。

 

5 経験値が全て

 

コミュニケーション能力を高める方法は、会話の量を増やすのが最も効率的だ。場数が増えていけば、失敗談が増えていって改善できます。経験値を積んでいけば、自然とコミュニケーションへの苦手意識が解消され、緊張せずにおしゃべりを楽しめるようになります。

 

いつもおしゃべりしているメンバーでは緊張感もなく、会話が続かなくても恥ずかしくありません。外に出て知らない人と話す必要があります。インターネットで検索すれば、低額で交流できる場や友達作りの場が多々あります。この場を利用して、苦手を克服していきましょう。

 

会話が得意である必要はない、長所を伸ばせ!!

コミュニケーション

ここまでコミュニケーションを克服する方法について説明してきました。記事を読み終えたあなたは、本当に苦手を克服する必要があると思っていますか? 今まで積み上げてきた苦手意識を克服することは、かなりしんどくなります。

 

苦手を克服しないと仕事にならないような営業職になってしまった、など鬼気迫る状況でないと、克服するまでに時間がかかります。もしかしたら、一生、治らない可能性だってあります。

 

それならば、不得意なコミュニケーションではなく、得意な分野を伸ばしてみてはいかがでしょうか。得意分野であれば、自力で練習するモチベーションも上がりますし、長続きするはずです。どちらにしろ、判断はあなた次第ですが。

 

まとめ

 

苦手なコミュニケーションを克服できるイメージはできましたか。ちょっとした変化で会話は長続きできるようになります。誰とでも仲良くして会話が続けるようになる、と思わないでください。

 

仕事で仕方ない場合を除いて、自分と共通点が合って、さらに価値観も共有できる人間関係を築いてください。仕事や家族での問題が起きてしまったら、その問題を解決できる人を仲間に引き入れればいいのです。しかも自分と仲良くなれる人で。そんな人には、交流会などに顔を出せば巡りあえるはず。失敗を恐れないで、どんどん挑戦していくことが苦手を克服するための特効薬です。