未来へのコミュニケーション

コミュニケーション

これからの未来は激動の時代に突入していくことでしょう。国際的にも厳しい世界になりつつありますし、国内も景気の調子は悪くはありませんが、調子が良いともいいがたい。そんな現状では、よりよい未来を手に入れるのは難しい現状でしょう。それを打破するのが、コミュニケーション能力です。それは「ビジョンコミュニケーション」と呼ばれています。

 

ビジョンコミュニケーションとは

 

ビジョンコミュニケーションとは何かと問われたら、単純な答えとしては、未来について語るコミュニケーションのことである。基本的に人は現状のことについて語る傾向がありますが、ビジョンコミュニケーションでは、現状のことについて話し合っていきます。特にリーダーになる人たちには必要になる能力で、部下は未来が分からないのであれば、何をどうしたらいいのか分からないので、右往左往してしまうでしょう。

 

未来を作りたければ、未来を語れ

 

基本的に将来の現象の責任は自分自身にあります。それは、自身が常に思っていること、話していることが現実になってしまうからです。それは、毎日のように愚痴を言っている人は、本当にそのような未来を作ってしまいます。けれども、未来について語っている人は、時間がかかるにしても、将来は言っていることと同様になることがあります。

 

自分で話しているのだから、それで行動していなければ、恥ずかしいですし、部下たちからの信頼を失いかねないので、行動するしかなくなるのです。そのように自分を追い込む必要があります。

 

未来を語るコミュニケーション

 

コミュニケーションでは、現状のことなど様々な情報を語り合う必要があります。ですが、それだけでは将来をより良く作りたいのであれば、それだけでは足りないのです。そのために必要な環境とは、自分の脳内の環境を、責任感の強い環境に変える必要があるのです。

 

責任感がなければ、将来のことを語るビジョンコミュニケーションをしても、なんら意味がなくなってしまいます。それをなくすためにも、責任感が必要になります。責任感が協力であれば、一度、口にしてしまったことを責任を持って達成してくれる習慣が身に付いてくれるのでしょう。

 

まとめ

 

部下や同僚は、ビジョンコミュニケーションがないと付いてきてくれません。それでも圧倒的なコミュニケーション能力があるのであれば、未来について語らなくても良いのですが、それでも未来について把握できていれば、行動しやすいのではないのでしょう。それが必要なのが今です。今は混沌の時代なので、将来が不安。だから、不安が解消されるためにも、ビジョンコミュニケーションが必要になるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。