第一印象がコミュニケーションの始まり 

ノウハウ

第一印象で人を判断してはいけない、と思っていませんか? それは、ある意味で正しいかもしれませんが、正確ではありません。人は性格によって、服装が変われば、髪型にも性格の特徴が現れます。

 

あなたは第一印象で、この人と友達になるかもしれない、ならないだろうな、と判断していませんか。思い返してください。ほとんどの人は初めて会った時の印象を持っているはずです。その印象が変化することがあるのも確かではありますが、それでも第一印象は大して変わらなかったのではないでしょうか。

 

あながた第一印象だけで相手を判断できないとしたら、コミュニケーション能力の不足を物語っています。なぜなら、自分と馬が合う人の特徴が分かっていないかれらです。思い返してみると分かるかもしれませんが、仲の良い友達親友の正確や特徴は似ていませんか。まったく似ていないと考えるかもしれませんが、そこには確実に似たような特徴が表れています。

 

似た者同士のコミュニケーション

 

例えば、年収1000万円の人の回りにはどのような人がいるでしょうか。彼・彼女の友達はどのような人が多いでしょうか。このような質問をされて、なんと答えますか。この問題に答えはありませんが、年収1000万円の人には、年収1000万円クラスの人が周りにいるはずでしょう。

 

彼らとのコミュニケーションが最も円滑になることでしょう。同じレベルの年収なのだから、生活水準もほぼ同等。そこまでの年収を稼ぐのに、どれだけの努力が必要だったのかも共有できる関係でもある。そのよう人々の間にこそ親密なコミュニケーションが築きやすいのです。

 

外見がコミュニケーションの基本

 

外見がコミュニケーションの基本である。それは、容姿の問題ではない。確かに、容姿も性格を表す最も簡単な要素の一つだ。けれども、それでは相手の正確は全く分からない。その要素は、表情と服装である。

 

人の服装は性格によって、非常に変わりやすものだ。それによって、相手の性格はよくわかるのではないか。例えば、服装のチョイスの問題は知識がないと分かりにくいので、服のしわなど着こなしについてはどうだろうか。性格が真面目できっちりとした人は、その服にはしわやシミがなく、古着であったとしても、新品のようにきれいのはずだ。彼らの几帳面さが表れているのだ。

 

まとめ

 

人は外見で判断できる。けれども、それは絶対のコミュニケーションではない。だからこそ、外見もその人を創り上げる要素の一つとして考えるのが妥当ではないだろうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。