エリコミュが目指す究極コミュニケーションとは  

勇気づけ

コミュニケーション能力を正確に測定することは難しいです。

あの人は「コミュ力、高いな」と思って、どんなところが優れているから、能力が高いのか、判断するのは難しいです。

特に、年収1000万円を稼ぐ人々がどのレベルの会話術、伝え方、聞き方を持っているのか、誰にも分からないでしょう。

私たち「エリコミュ」では、コミュニケーション能力が高いエリートを育成することを目的としているので、年収1000万円の人々がどのようなスキルを持っているのか、実際に見ています。

彼らのコミュニケーション能力を体系的に学べる環境として、「エリコミュ」が存在します。

 

究極コミュニケーションとは

 

究極のコミュニケーション能力とは、コミュニケーション能力さえあれば、年収1000万円を稼げるレベルを指します。単純に、仕事で必要なプログラミングや簿記、業界知識などなくても、稼げる力を持つ能力が究極コミュニケーション能力である、と考えています。

 

究極の伝え方

 

伝え方が上手でないと、究極のスキルを持っているとは言えません。

このレベルに達するには、並大抵の努力では至ることのできない領域。

毎日、気を抜かないで、言葉の1つ1つに集中して、注意を払っていないといけません。

ただ普通に生活するだけなら問題ありませんが、年収1000万円を目指すのであれば、常に伝え方を意識しないといけません。

 

注意するポイント

 

伝え方をどのように意識をしたらいいのでしょうか?

基本的に、人は毎日のように会話を交わします。その言葉を発している最中に、あなたはどれだけ相手の反応を気にしていますか。その表情を観察して、自分の話をだれだけ理解してくれているのか、考えた経験はありますか?

 

相手の表情に敏感になるだけではなく、表情が常に変化するように、自分の言葉も相手の表情に合わせて、変化させる必要があります。仕事の場合は、特に相手が理解していなかったら、致命傷になることもあるかもしれません。だから、本気で注意する必要があるでしょう。

 

圧倒的なコミュニケーションが必要になる時代

 

これからは、人工知能などの革新的な技術によって、大幅な発展が期待できます。

それは同時に、人間に単純な技術力やスキルを期待する必要がなくなる、ということになります。会計の知識を仕入れたとして、人工知能による会計によって、仕事がなくなります。介護の資格を撮っても、数年後には介護の半分はロボットに代替されています。それだけならまだしも、10年後には、半分以上の仕事がなくなっていると考えられています。

 

そんな中でも、コミュニケーションという能力は不変のスキル。

人間が生きている間は永遠に有用的なスキルであることは、誰も批判できないでしょう。だからこそ、今こそ究極コミュニケーションが必要とされているのです。

 

時代は待ってくれない

 

まだまだプログラミングや会計のスキル・ノウハウは必要であります。けれども、あなたと同じ技術を持つ人は、世界中に何人いると思います。少なくとも、数十万人は同じ技術を持っています。

 

翻訳によって言語の壁が少しずつであっても、崩れてきています。その現実を前にして、技術やスキル、資格だけを学んでいられるでしょうか。もし外国語の翻訳機能が大幅に上昇したら、立ちどころに仕事がなくなってしまいます。あなたと同じ技術を持っている人は、世界中に数十万人といるのだから。

 

彼らとの差を作るには、コミュニケーション能力しかありません。

いくら翻訳機能が発展を遂げたとしても、そのコミュニケーションは機械でしかない。それはコミュ力が低い人でしかないのです。そのコミュ力であってもいいので、圧倒的かつ最高の技術がある人工知能が発展してくるのです。

 

それに対抗するには、今しかないのです。

 

コミュニケーション能力の悲しい現実

 

この現代では、ネットや核家族化が進んでしまった影響で、人との関わりが希薄なってしまいました。この悲しい現実があるので、人はコミュニケーション能力を身に付ける機会をなくしてしまっているのです。だからこそ「エリコミュ」があるのですが。

 

だから、常に意識的に能力の向上を考えていないと、意味がないのです。

 

時代を先取りする

 

これから圧倒的なコミュニケーションが必要になる時代となります。時代を先取りして、一歩リードした形でライバルに差をつけてみましょう。それができれば、あなたの人生は一生安泰となる。それは、あなたの努力次第でいくらでも変わってきます。

 

エリコミュはコミュ力、高いねと呼ばれる人を育てる

 

コミュニケーション能力の高さを数値に表すことはできません。

それでも、私たち「エリコミュ」は、どのような結果でコミュ力の高さを表現できるのか、定義しないといけません。

 

もし究極コミュニケーションを現実の評価に照らし合わせるとしたら、年収や人からの評価の変化でしか分かりません。年収であれば、最も分かりやすい例でしょう。人から変わった? と言われるのも変化の表れと考えられます。

 

そうなるように、これからも圧倒的なコミュ術を提供していきたいと思っております。

このサイトでは、数多くのコミュ術や会話、伝え方、聞き方のスキル・ノウハウが載っているので、頑張ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。