自己開示コミュニケーション

定義

初めて会う人と会話を交わすときには、相手の情報を聞き出そうとします。その人に興味があるから、知りたいと思う。けれども、初対面の質問は表面的なものでしかないだろう。その質問で相手のことを理解することはできない。それに、親密な関係になるのは難しいかもしれない。

 

親密な関係を築くには、表面的な話だけではなく、深い話をする必要がある。初対面では普通は話さないような内容を話すことによって、相手は自分のことを理解してくれる。理解してくれたら、相手は自分のことを話してくれるようになる。

 

自己開示の必要性

 

あなたは、よく知りもしない相手にべらべらとお話をしますか? ほとんどの人は、知りもしない相手との会話が苦手なのではないだろうか。そもそも相手のことを知らないので、何を離したらいいのかが分かりにくいのでる。コミュニケーションをあまり取っていないと、この話題に興味があるのか、ないのかすら分からない。そうなってしまうと、ますます話す話題がなくなる。

 

そうならないように、自分の恥ずかしい話などを離す必要がある。自慢話などは誰にでもできるが、恥ずかしい話は誰にもできるはわけではない。自慢話だけでは、この人は自分のことを大きく見せたいと思われるだけになる。

 

それでは嫌われたのと同じだ。そうならないためにも、自分の恥ずかしい過去や経験などを面白く話す必要がある。別に、恥ずかしい内容でなくてもいい。恥ずかしい話は最も話しやすく、誰にでも持っている話である。

 

親密なコミュニケーション

 

この話題を利用するためにも、コミュニケーション能力を鍛える必要がある。恥ずかしい華字をただしても何の意味もない。だから、恥ずかしい話を利用して、相手に強く印象付けるようにするのだ。

 

恥ずかしい話をしてから、自分の自慢話をする。ただ自慢話をしただけでは、正直それが本当なのか疑ってしまうこともある。けれども、恥ずかしい話、自分の汚点について話した時に、その話が嘘だと思うだろうか。わざわざ作り話の恥ずかしい話や失敗談を話やしない。だからこそ、その自慢話は信頼性を増すのだ。もし自慢話を離したいのであれば、まずは恥ずかしい話や失敗談を利用することで、自慢するのが好きな人だなと思われないですみます。

 

まとめ

 

コミュニケーションは非常に難しい能力です。今の私たちには必須の能力なのではないのです。だからこそ、必要とされている能力なのです。そのコミュニケーション能力によって、相手と親密となり、仕事をしたり、楽しんだりしてください。そのためのコミュニケーションスキルの1つとして、自己開示があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。