自分では分からないコミュニケーション能力

会話

コミュニケーション能力は誰にも分からない。けれども、それは他者から判断を気にするのが最善である。結局のところ、人によって、どのようなコミュニケーションを取ればいいのかは変化してしまう。それが現実なので、WEB上で公開されているようなコミュニケーション能力のノウハウをそのまま利用したとしても、簡単には成功できない。

 

それではコミュニケーション能力を高めることによって、成功するには何をしたらいいのか考えてみる必要がある。まずは必要になる能力は、対応力である。人に合わせてコミュニケーションを取らないといけないので、人それぞれの対応ができるようにする必要がある。

 

どんなコミュニケーションが適応力あるのか

 

どのような人が適応力があると思いますか。その答えは、あなたの近くにいるのではないでしょうか。例えば、上司と同僚、部下でコミュニケーションの仕方、話し方、聞き方などが違う人がいるでしょう、そのような人は、相手によってコミュニケーションを変化させて、適応させているのです。彼にとって、それが世間を渡るための処世術となっているのです。

 

適応できない人は勝てない

 

会社に入って理想通りの環境にいられる可能性は非常に低いのではないのでしょうか。その環境では、上司との関係や飲み会などで様々な嫌な経験があると思われます。それが現実ですが、それでもその環境で生活を続けないといけないでしょう。その生活を続けていくと、その人たちは適応力を身に付けるのです。その適応力がコミュニケーション能力にも転嫁されて、コミュニケーション能力が向上していくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。