恋愛コミュニケーション

苦手

恋愛でコミュニケーション能力が必要な事は誰しもが知っていることであろう。けれども、どのような能力必要なのかは考えたことがない。それはどうしてなのか。笑顔や面白い話をすればいい、ぐらいの感覚しかないからです。それでは恋愛は成功しません。このレベルではまだまだといかいいようがないのです。

 

それだけのことで初対面の相手と仲良くなれるでしょうか。しかも異性です。同性なら、簡単なのかもしれませんが、異性となると勝手が違います。それでは、コミュニケーション能力があるとはいえないのです。

 

だからこそ、恋愛に発展するのはほとんどが初対面の相手からです。しかも社会人の場合は、特にそうではないでしょうか。最初の印象によって、これからの恋愛も変わってしまうのです。

 

初対面を制するコミュニケーション

 

では、恋愛を成功させるために初対面でぐっと深い関係になれる方法を考えていきましょう。それでは、初対面で深い関係になるには、どのようなコミュニケーションを取ったら良いのでしょうか。それは簡単に答えは出てこないですよね。

 

簡単な例からですと、まずは大きな反応をしてあげることが大事になります。不自然にならない程度に反応する必要があります。自分から反応しなくても、出身が同じだったら、意識しなくても反応してしまいますよね。自分にとって、地元の人と合えることは嬉しいと思われます。しかも地元が地方の場合は特に、会えることが嬉しですし、地元のトークができます。

 

一瞬で懐に入るには?

 

地元が一緒のような共通点はなかなかありません。けれども、探せばいくらでも共通点はあるのです。それがコミュニケーション能力によって、引き出せるかによるのです。それによって、あなたのコミュニケーション能力が上昇します。

 

共感のコミュニケーション

 

類似点を見つけることができたら、次のステップに入る必要があります。それは、共感することです。地元が一緒でも、相手が地元が好きなのに、自分が地元が嫌いであったら、話が盛り上がりません。それでは意味がないのです。2人もと地元が好きでないと、この話題の意味がないのです。せっかく共通点があるのだから、このポイントで攻める必要があるのではないでしょうか。ここから、仲良くなる必要があります。

 

練習に練習を重ねる

 

このようなコミュニケーション能力は練習あるのみとしか言いようがありません。これから毎日練習ができるので、どんどん練習していって、能力を高めていっていください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。