交流分析とは何か?

交流分析

人と人が交流していく中で、様々な問題が生じてきます。ほとんどの問題は人間関係にあり、人との交わり方に問題があります。その交流のやり方を深く分析したのが、交流分析なのです。心理学の中でも、「交流」という部分に焦点を当ててある内容となっています。

 

交流分析を知っていくと、自分の性格や人の心理を知ることができ、円滑なコミュニケーションができるようになります。過去と他人はけることはできないので、それぞれの性格に合わせて、人との交流方法を変えていく必要があります。

 

交流分析の歴史とは

 

そもそも交流分析とは、アメリカの精神科医エリック・バーンが考案した心理学の理論体系です。1957年に交流分析は、提唱されました。エリック・バーンは、自信の理論を2冊にあとめました。その結果、残念ながら、根拠のない通俗心理学として、心理学者たちから批判を受けました。当時の主流は、フロイト理論であった。その心理学から外れた考え方によって、精神分析を研究していたコミュニティーから追放されました。

 

1970年になると、交流分析は受け入れられるようになった。性格診断としても利用することができ、心理の治療のアプローチ方法の1つとして受け入れられた。

 

現在では、世界各地に交流分析協会の支部があり、交流分析士といったカウンセラーなども存在するようになった。それだけ人々に浸透している証拠でもある。

 

人間関係の原理・原則が学べる交流分析

 

交流分析は“TA”=Transactional Analysisと省略されて、表現されることもあります。Transactionalには「取引」とあり、物事を取引するときの言葉である。この場合、取引は、交流・コミュニケーションと考えるのが一般的である。Analysisは分析。

 

このTAをやる方法の1つとして、エゴグラムがある。

 

エゴグラムとは ~人の根本を知る性格診断である

 

エゴグラムとは、性格診断である。特に人のエゴ(我欲・根本の性格)を表現している。人のエゴを知ることで、人の性格を正してく理解できるようになる。

 

エゴグラムについては、他のページで詳しく説明してあります。下記のページを読めば、エゴグラムを理解できるようになるでしょう。

 

交流の意味を正しく理解していますか

 

交流分析を理解する前に、分析する対象である交流について理解する必要がある。交流とは、対人とのコミュニケーションである。そのコミュニケーションを細かく分類していくと、言語のコミュニケーション、非言語のコミュニケーションとなる。非言語のコミュニケーションとは、表情であったり、手ぶり身振りのことである。その全ての基礎には、心情が影響している。楽しい気分だったら、楽しい表情や手ぶり身振りになるだろう。逆に悲しい気分だったら、悲しい表情や手振り身振りになるだろう。

 

ストロークとは、人の心に必要な栄養

 

人の心が動くには、大きなエネルギーを消費していきます。だから、膨大な燃料、要するに栄養が必要となります。一般的に「ストローク」という言葉は、水泳やテニス、スケートやボートなどでよく耳にします。

 

交流分析の場合、「存在を認めること」という意味で用いられます。私たちはストローク(相手の存在を認める)を求め、ストロークを返し、交換しながらコミュニケーションを取っています。

 

具体的にストロークとはどんなもの?

 

実際の言葉に表すと、

「おはようございます、こんにちは、こんばんは」

「ありがとうございます。助かりました」

「髪型を変えましたか」

 

これらの言葉を投げかけるだけで、人は相手から認められていると感じます。認められていると、自己肯定感が高まり、人は行動しやすくなります。逆に、自分の行動を否定され続けていたら、行動する気も失せてしまいます。

 

こうした交流の本質は、コミュニケーションを理解するのに非常に必要である。

 

交流の背後にあるコミュニケーション

 

エゴグラム等の交流分析によれば、人間は幼い頃に、世界と自分の存在を理解し、自分にたいする人生の脚本を書く。その脚本は、様々な体験をもとにして、改変されてゆき、一般的に核が7歳前後に決定すると心理学では考えられている。その思考は、大人になっても自覚することはなく、認識もできない。

 

<h2>反生産的社会交流「ゲーム」とは

 

ゲームとは遊びのことではありません。交流分析でのゲームとは、補完的、裏面的、さらに方向が予測された結果に向かう一連の交流のことである。

 

ゲーム分析とは

 

ゲーム分析を行うときには、複数人でやる必要がある。交流の一環の分析であるので、複数人でのコミュニケーションや性格の問題が重要になってくる。

 

まとめ

 

交流分析には、エゴグラムやゲーム分析など様々な形式のものがある。その中でも、Aアダルト、Cチルドレン、Pペアレントに分けて、人の交流分析を行っていく。それらを行うことで、人のエゴを知ることができ、コミュニケーションや性格の根本を知ることができる。

 

その性格診断方法として、エゴグラムやゲーム分析などなどがある。