コミュ力が低い原因とは?

苦手

「コミュ力がないね」と言われる経験はないでしょうから。もしあなたがコミュニケーション能力に自信があるのなら、全ての項目が当てはまっていないはずです。もし1つでも当てはまっていると、あなたは重大な過失に陥るかもしれません。

 

・もし上司に嫌われているとしたら……

・もし部下に陰口を言われていたら……

・もし恋人があなたの言動にイライラしていたら……

・もし友達・親友が徐々に減っているとしたら……

・もし人生がうまくいっていないと思うとしたら……

 

その問題の根源は、すべてコミュニケーション能力の欠如にあります。なぜなら、コミュニケーションが全ての問題の源だからです。そのコミュニケーションとは何かと問われれば、本サイトではこう答えます。「コミュニケーション能力とは、目的を達成するためのあらゆる行動」このコミュニケーション能力についての詳細は、別のページで詳しく紹介しているので、そちらを参照してください。

 

自分の欠点を誰も指摘してくれません。指摘してくれるやさしい人はごく一部しかいませんが、あなたは彼らのことが嫌いでしょう。「それぐらいできてるわ!」と心の中で叫んでませんか。他人から指摘されるのは、誰に好きではありませんが、損得勘定がない反射的な言葉には耳を傾けるべきでしょう。

 

これから紹介する「コミュ力ないね、と言われる人の特徴5選」を他人に当てはめて、確かめてください。はっきりと明確に理解できるとおもいますが、「あいつコミュ力ないな」と思うはずです。それがあなたに当てはまっているとしたら、想像以上の損失を被っているかもしれません。

 

 

1.無関心・無感情は人を拒絶している

 

あなたの話に対して表情を変えないで無関心の人がいませんか? 彼らはあなたの話に本当に興味がないのかもしれませんが、興味を持っている人もいるかもしれません。それでも、あなたは無表情で無関心の人に、また話しかけますか?

 

極端な話になってしまいましたが、無関心と無表情はコミュニケーション能力が皆無と言っても過言ではないでしょう。

 

反対に解釈すれば、あなたの話に興味をもって、反応よく表情が豊かであれば、相手に好印象を与えられます。この表情や興味は、特に第一印象で勝負が決まるので、注意して挑んでください。

 

2.相槌が下手は致命傷

 

「うんうん」「はい」など首を縦に振ったりして、相手とコミュニケーションを取っていますか? 思っているよりも、相槌は見られています。特に、女性はチームワークを重んじる性質を持っているので、相槌がないと「敵」と見なします。

 

私たちとは違う人なんだな、と思ってしまうので、相手は「壁」を作ってしまいます。「壁」を作られたら、その「壁」を切り崩すのは困難でしょう。

 

相槌で損しないためにも、相手の話はじっくりと聞いてください。そうすれば、自然と相槌ができていると思います。

 

3.相手の話をさえぎる

 

人は自分の話をすることが大好きです。知識や経験を披露することによって、人は自分を受け入れられていると感じて、幸福になります。話をさえぎられると、その幸福を中断されることになるのです。

 

もしあなたが幸福な時間を過ごしているときに、幸福な時間を邪魔してくる人のことをどう思いますか?

 

嫌な奴だと思いますよね。だから、相手の話をさえぎらないでください。

とはいえ、ほとんどの人は反射的に相手の話をさえぎってしまっているので、治すのは難しいかもしれません。

 

とにかく、自分がされて嫌なコミュニケーションはしないように心がけてください。

 

4.相手の話を否定しない

 

人は共感を求める生き物です。分かって欲しい、知って欲しいと反射的に考えている生き物なのです。その共感して欲しいと思っているのに、相手の意見を否定すると、

自分とは相容れない人なんだなと解釈されてしまいます。

 

とくに、日本の会社ではそれが顕著に表れています。会社の色に染まることで仲間と認識され、会社の中で生きていけます。それは社会の中だけではなく、1対1でのコミュニケーションでも変わりありません。

 

5.自分の好きな話題しか話せない

 

人はおしゃべりが好きです。人間人と会話することで話題や感情を共有することによって、安心感を得ています。ある一部の仕事を除いては、コミュニケーションが発生しない仕事はまれでしょう。

 

話題や感情を共有できないということは、コミュニティーから敬遠される恐れがあります。相手が興味のない話題を一方的に話すのは、相手にとって苦痛でしかありません。だから、自分の好きな話題しか話せない人は、コミュ障と認定される可能性があります。

 

6.脈絡のない話題を振る

 

脈絡のない話題を振るということは、いわゆる「空気が読めない人」と解釈されます。ある話が詰まって会話が続かない場合は、話題の切り替えが必要になります。

 

けれども、会話の流れを読み取れないで脈絡のない話題を振ってしまう人は、コミュニケーション能力に問題があります。

 

相手に気持ちよく話をさせることができないと、相手は自分に興味がないんだ、と思ってしまいます。それだけではなく、自分を不快にさせる人として無意識に刷り込まれてしまうため、深い関係になりにくくなります。

 

また、逆に会話の脈絡を読み込んで、楽しく話せる時間を作りだせます。

このレベルまで会話の流れを読み取れたら、理想的でしょう。

 

7.会話が続かない

 

人は沈黙を嫌います。人と対面した状態で口を開かないとほとんどの場合、無表情になるでしょう。その無表情の顔を見て、あなただったら何を思いますか?

 

この会話は面白くないんだ、早く別れたいな、と感じるのではないでしょうか。

 

こう思われてしまったら、好印象を与え直すのは至難の業です。途切れないように話を続け、その話題が終わりになったら、新しい話題を切り出しましょう。いかに話のキャッチボールを成立させるかが勝負のカギとなります。

 

8.相手の変化に敏感ではない

 

今まで言葉のキャッチボール中の内容でしたが、それ以外の場面でもコミュニケーション能力が低いと思われる場面があります。コミュ力がある人の特徴として、気遣いがあります。

 

気遣いができる人は顔色などを見て、体調などに配慮できます。仕事の同僚がいつもより元気がなかったら、「元気ないけど、どうしたの?」「風邪でもひいた?」 このように気遣いを見せる必要があります。

 

例えば、上司が体調の悪い部下(あなた)に対して、仕事を任せたとします。仕事上、仕方がないとはいえ、上司への印象が悪くなったのではないでしょうか。

 

そこで「体調は大丈夫」の一言があり、「みんなで早く終わらせて、早く帰ろう」と結局のところ帰宅時間が変わらなかったとしても、印象に大きな違いがあります。

 

きめ細かい気遣いができると、人間関係で困らず、人から必要とされる人材になれるでしょう。

 

9.相手の話を聞かない

 

相手の話を聞かい人がいます。あなたは自分は人の話をきちんと聞いている、と思っていても、相手が聞いてくれていない、と解釈したらアウトです。

 

自分が話を聞いていると思っているだけでは意味がありません。

人は話を聞いてくれていないと思ったら、その話を途中でやめます。興味がない話を一方的にしてしまったと思って、気を遣うからです。コミュニケーション能力がある人は、相手に気を遣わせません。

 

人が自分の話を聞いてくれていると感じる瞬間は人それぞれ反応が違う。例えば、自分の話に興味があると示されると、人は親しみのある表情になります。相手の表情を観察して、人が楽しく話している表情を探し出してみましょう。

 

10. 話がつまらない

 

面白い、楽しい話をするのは非常に難しいです。多くの人生経験を積んだ人だから、という側面も否定できません。けれども、面白い、楽しい話は人を笑わせるような話でもなければ、小説のようなストーリー性も必要ありません。

 

自分が楽しいと思える出来事を共有するだけでも、話がつまらないと思われないでしょう。例えば、通勤の電車で見た摩訶不思議な行動をしている人、この出来事は興味関心を引くような話題のはずです。

 

面白い話をするハードルは高くはないです。相手が知らない出来事などを共有すると、話がつまらないとは思われなくなります。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

『人生で存するコミュ力が低い特徴10選』中、あなたはいくつ当てはまりましたか。7つ以上も当てはまる人はコミュニケーションが致命的に不足しています。スキルやノウハウを持っていても、コミュ力がないと評価されなくなってしまうので、注意してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。