コミュニケーション能力とは、思考能力と同じこと

勇気づけ

コミュニケーション能力を高めることは難しい。ある程度までの能力は身に付いたとしても、それ以上の能力を身に付けるには、かなりの練習がひるようになる。それはなぜなのか、考えたことがあるだろうか。コミュニケーション能力は、相手の表情を読んで、相手の感情を予測しないといけない。それができないといけないので、自分の余裕がないと、そのことはできない。

 

コミュニケーションには余裕が必要

 

心に余裕がない人間は、何をしたとしても、集中力が弱くなってしまう。それは仕方ないことで、たった一つのことに集中してしまうので、それ以外のことに目が向かい。それは恐怖などがあるので、仕方がない。それはその人の能力が足りないのだ。

 

だから、コミュニケーション能力を圧倒的に高めるには、心に余裕を持つ必要がある。それができないと、コミュニケーション能力の上達はありえないのだ。それまでに必要な能力を高める必要がある。

 

まず心に余裕を持つには、仕事のスキルを学ぶ必要がある。それはコミュニケーション能力を高める以前の問題なのである。そもそも心に余裕を持つには、相手よりも優位なスキルや地位を持っていないといけない。その他には、自分に余裕がないといけないのである。それができないと、自分に自信が持てない。コミュニケーション能力で最も大きな問題なのは、自分に対して自信がないことが問題である。

 

それは自信がないと、それが自然と表情にも表れてしまうからである。それがないとコミュニケーション能力が身に付くことはない。

 

自信をつける必要があるコミュニケーション

 

自分に自信がないと、相手の情報を聞き出すことができないのである。それはどうしてなのか。自分に自信がないと、この質問をしてもいいのだろうか、などと無駄な感情を抱いてしまう。それがあると、自信がなくなるスパイラルに巻き込まれる。そうなったら最後、どうしようとも、コミュニケーション能力が高まることはない。

 

コミュニケーション能力の前に、自信を

 

コミュニケーション能力を高める前には、仕事のスキルを学ぶ必要がある。他のひとよりもできるようになれば、自然と自信になる。そうなったら、何もしないでもコミュニケーション能力は高まるのである。その能力が必要なるように頑張るのだ。

 

まとめ

コミュニケーションに必要なのは、スキルだけではなく、自信も必要なのだ。それがないと表情やしぐさ出てしまう。それが人間なのだ。だから、まずは自分の仕事の能力を高めないと、コミュニケーション能力は高まらない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。