コミュニケーション能力がないのが問題なのか!?

苦手

企業のほとんどは採用するときに、コミュニケーション能力についてみています。それは、コミュニケーション能力がなかった場合、自分の会社の不利益になる可能性があるからです。その人の影響で会社の雰囲気が悪くなる可能性だって否定できないのです。そのような現実があるので、コミュニケーション能力は非常に重要視されているのです。

 

それでは、コミュニケーション能力はないといけないのだろうか。それは、確実なないといけないということはない。けれども、コミュニケーション能力がないと選択肢の幅が非常にする無くなってしまうことがある。それが嫌ならコミュニケーション能力を高める必要がある。

 

コミュニケーションが必要でない場合もある

 

コミュニケーションが必要にならない場合もある。それは、人と話す機会の少ない仕事だ。例えば、誰でも思いつくのは、エンジニアやプログラマーである。彼らは黙々とコンピューターの目の前で、キーボードをうつことになる。それでもコミュニケーションを取らないといけない状況になるのだが、それでも最低限のコミュニケーションがあれば、充分なのである。だから、コミュニケーション能力が必要かと問われたら、確実に必要なものではないと断言できる。

 

必要な人が鍛えればいい

 

コミュニケーション能力が確実に必要な現状になるのは、仕事での必要性だろう。そのような現状ではないのであれば、コミュニケーション能力は最低限の受け答えれができれば十分だろう。それでも不安な人はコミュニケーション能力を高めるセミナーなどに受けると良いのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。