コミュニケーションで嫌われる場合

短銃に、あなたは嫌われるのは嫌ですよね。嫌われてしまって、悪い評判を流されることもあるかもしれませんし、悪影響を受ける可能性だってあるかもしれません。とはいえ、社内の人であったら、問題があるかもしれません。けれども、交流会や街コンなどの交流会の場では、初対面から次回に続く人なんてほとんどいないと考えてもいいのかもしれません。

 

嫌われる勇気が必要

 

このような題名の本がありますが、実際に嫌われてもいいのです。利害関係のある人から嫌われるのは問題かもしれませんが、もうこれ以上合わない人から嫌われたとしても、問題はありません。話し方が嫌なのかもしれません。伝え方、聞き方に問題があるのかもしれません。それは些細な問題でしかないのでしょう。

 

これからは、ネット上で様々なコミュニティーもあります。多くの環境があるので、その1つの出会いに固執しないで様々な出会いの場に触れる必要があります。そのような場数を増やしていくと、どのようにコミュニケーションを取ったら嫌われないのかを肌の感覚で理解することができるようになると考えられる。

 

好かれるコミュニケーション

 

人から好かれるコミュニケーションをするのは、非常に難しいです。それは、どのような人に好かれる必要があるのかによってくるからです。人によって、好みがあるのは当然なので、好かれたい相手に好かれるコミュニケーションをする必要があるのです。

 

そのときのためもコミュニケーション能力を高める必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。