そもそも万人と仲良くはなれない

勇気づけ

世の中には多くの人と友人となり、人脈の広い人がいる。人柄が良いし、能力もある。誰からも信頼される優等生のような人である。そんな最強な人はほとんどいません。ほとんどの人間は、人脈が広いように見えて、それは人と繋がりがあるだけ。その人脈に意味があるのでしょうか。そうではなく、本当に人脈が広いのは手のひらで数えられるほどしかいません。

 

あなたは人脈に何を求めますか? 自分が困っていることを解決してくれる人が近くにいてくれるために、人脈が欲しいのであれば、自分の助けになってくれる人でないといけません。なおかつ、自分にお金があったり、調子がいい時ではなく、お金がなくても、調子が悪くても助けてれる人の繋がりを最も作りたいのではないでしょうか。

 

そのためには何が必要なのか考えたいと思います。

 

自分にあったコミュニケーション術

 

自分の人生を思い返してみて、仲の良い友達が何人かいるのではないでしょうか。その中でも苦しい時でも助けてくれた友達やつらい経験を共にした人は何人いますか。その人たちと今も繋がっているでしょうか。もし繋がっていないとしても、すぐに連絡を取って飲みに行ける関係であるのなら問題はないと思います。

 

思い返してみてください。その友人たちは学生時代からの友人ですか。社会人になってからの友人ですか。どちらにしろ、あなたが仲良くなれる人の特徴は、その親友や友人に現われています。似ている人はないかもしれませんが、雰囲気で分かるかもしれませんが、似ている人がどこかにいると思います。

 

その人と友人になれるように、前の経験を生かしてコミュニケーションを取っていけばいいだけなのです。それだけでコミュニケーション能力は向上していきますし、助けてもらえる人脈にもなっていくのではないでしょうか。最初から仕事だけの人脈を考えていたら、本当の意味で助け合える人脈を作るのは難しいと思います。それはあなたが前からの友人を作った時と同じです。そのようなときは、基本的にはお金についてなどのことなど関係がなかったと思いますから。

 

必要になるコミュニケーション能力とは?

 

多くの人脈を作ろうと思ったら、短期でやるのは不可能でしょう。短期でやろうとすればするほど表面的な関係しか築くことができないで、無理を頼むだけの関係ができないと思います。だからこそ、長期間で人脈を作ろうとして、何度も失敗して多くの経験を積みましょう。

 

その経験の数だけコミュニケーション能力が向上して、多くの人脈が築けるようになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。